2020年01月30日

町家でクロワッサンをいただく @La maison JOUVAUD


jouvaud1.jpeg

本日は南座へ「サクラヒメ」を観に行きました。
いや~、不思議空間だったわ・・・という感想はまた改めるとして、
その前にこちらでランチをいただきました。


La maison JOUVAUD (ラ・メゾン・ジュヴォー) 京都祇園店 ブティック&サロン
京都市東山区大和大路新橋上ル元吉町71-5
tel: 075-525-5211 


京阪電車祇園四条駅から大和大路通に入って白川の方へ歩いて5分くらい。
南座からも7~8分のところにあります。

南フランス プロヴァンス地方にあるパティスリーで、日本では東京・広尾、名古屋に続いて関西初進出として2018年に京都祇園店がオープンしました(JR京都伊勢丹にもあり)。

オープン当初かなり話題になりましたのでお店のことは知っていましたが、パティスリー&ショコラトゥリーで「スイーツのお店」というイメージでした。
が、先日ヘアサロンで読んだKansaiWalkerの「関西最新パンBOOK」に「クロワッサンのおいしいお店」としてこちらのカフェが掲載されていて、「え?そうなの?」とこの機会に行ってみることにしたのでした。


jouvaud2.jpeg jouvaud8.jpeg 
静かな街並みに溶け込む町家をリノベーションしたお店。
1階がショップとテーブル席、テラス席が一つ。
2階がイートインスペースで、壁には南フランス プロヴァンス地方の風景が描かれています。


丹波栗のモンブランや、日本ではここだけ、本店でもバレンタインにしか登場しないという「ブールショコラ」にも激しく心惹かれましたが、ここは初志貫徹とブランチメニューの中から、クロワッサンサンドプレートをいただきました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:49| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする