2020年01月18日

これは日本物なのか・・・な? 宙組 「El Japón -イスパニアのサムライ-」


eljapon.JPG「宙組トップスター 真風涼帆が初めて日本物ミュージカルに挑む」
2018年に「白鷺の城」がありましたが、あれは日本物レビューだったので、「和物のお芝居自体、初めて」なのですって。へぇ~、研14でもそんなことあるんだ。

ただ今東京公演真っ最中ですが、私が観たのは昨年の宝塚大劇場公演です。


宝塚歌劇宙組公演
宝塚ミュージカル・ロマン
「El Japón (エル ハポン) -イスパニアのサムライ-」
作・演出: 大野拓史
出演: 真風涼帆  星風まどか  芹香斗亜  寿つかさ  凛城きら  
松風輝  星吹彩翔  桜木みなと  実羚淳  和希そら   留依蒔世  
遥羽らら  瑠風輝  天彩 峰里  鷹翔千空  夢白あや/英真なおき ほか

2019年12月1日(日) 11:00am 宝塚大劇場 1階9列下手/
12月8日(日) 3:00pm 1階10列上手
(上演時間:1時間35分)



スペイン南部の町コリア・デル・リオに「サムライの末裔」を自認する「ハポン(日本)」姓の人々が数多く実在していることから着想を得た物語。
慶長18年 仙台藩主 伊達政宗(美月悠)が慶長遣欧使節団としてスペインに派遣する支倉常長(寿つかさ)たちの出航を祝う祭りの夜、勇壮に踊る鬼剣舞の一人が突如政宗に斬りかかり、そこに政宗の護衛役で夢想願流剣術の名手 蒲田治道(真風涼帆)が割って入ります。鬼剣舞の首領はかつて政宗が見捨てた和賀一族の生き残り 藤九郎(和希そら)で、城とともに果てた姉 藤乃(遥羽らら)は治道の恋人でした。藤九郎を斬ることができない治道は政宗に詫び、切腹しようとしますが、政宗は治道を藤九郎とともに慶長遣欧使節団に加えて渡欧させることにします。
スペインに到着した治道は宿屋を営む女性カタリナ(星風まどか)やその宿に宿泊するアレハンドロ(芹香斗亜)と出会い・・・。


・治道と藤乃の悲恋からの藤九郎との確執
・悪徳農場主 ドン・フェルナンドのカタリナへの横恋慕
 (カタリナの夫はフェルナンドの謀略で殺害されたらしい)
・謎の男 アレハンドロ 愛用の拳銃の名前はキキ
 (実はカタリナの亡き夫の親友かつスペイン国王の寵臣レルマ公爵のご令息)
・スペインの農場に奴隷として売られてきた日本各地の娘たち大活躍
・支倉常長とスペイン国王フェリペ3世と謁見や交渉の難航もちょっぴり

と、物語も登場人物も盛りだくさん。
実在の人物と架空の人物が交錯して描かれています。


これを「日本物」と呼んでいいものかどうかはさておき、舞台はスペインなので、治道一行以外はもちろんみんな洋装で、歌やフラメンコの場面もあって華やか。派手な殺陣もふんだんにあって楽しい。
大詰めの治道・藤九郎 vs ドン・フェルナンド軍団の大立ち回りも盛り上がっておもしろく観ましたが、ラストの脱力するようなハッピーエンドはあれでいいのか?(笑)


続きがあります
posted by スキップ at 23:05| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする