2020年01月12日

待ってたよー! 「劇団朱雀復活公演」


sujakufukkatsu1.JPG劇団朱雀復活。
2015年2月に解散した時、正直なところまた復活することがあるとは考えていませんでしたので、今回の復活にはとても驚きましたし、太一くんにとって、やはり「朱雀」はかけがえのない大切な場所であり、愛するホームなんだなと改めて思いました。


劇団朱雀復活公演
総合プロデュース・演出: 早乙女太一
脚本: 中島かずき  横内謙介  早乙女太一 
振付: 早乙女太一  関根アヤノ  
出演: 早乙女太一  早乙女友貴  富岡晃一郎  久保田創  安田桃太郎  
岩崎祐也  関根アヤノ  鈴花あゆみ  鈴花奈々  蓮城まこと/葵陽之介
喜矢武豊  木村了  山崎銀之丞 ほか

2020年1月4日(土) 6:30pm サンケイホールブリーゼ 1階R列下手/
1月5日(日) 1:00pm 1階I列上手
(上演時間: 3時間15分/休憩 15分・25分)



解散前ラストに観た「TAICHI SAOTOME ~ALL JAPAN TOUR~2014」と同様、

一部: 女形舞踊ショー
二部: 日替り芝居
三部: 舞踊ショー

という構成。

二部のお芝居は
中島かずき脚本 「火のないところに男は立たねえ」
横内謙介脚本  「安兵衛駆けつけ・高田馬場の決闘」
早乙女太一脚色 「遠州森の石松 馬鹿は死ななきゃ治らない」
の中から当日発表されるというもので、私が観た日は
1/4 「遠州森の石松 馬鹿は死ななきゃ治らない」
1/5 「安兵衛駆けつけ・高田馬場の決闘」
でした。
どちらもおもしろかったけれど、かずきさんの作品も観たかったな。


sujaku1.jpg


続きがあります
posted by スキップ at 20:56| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする