2020年01月10日

薮下哲司さんとともに「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」を観る


takarazuka2020.jpeg

2020年1月 宝塚大劇場外のパネル。
このトップ画像、時代が変わったのを感じるよねー。


2020年ヅカはじめは雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」でした。
この後何回か観る予定ですので舞台の感想はまた改めるとして、この日は毎日新聞大阪開発主催の「薮下哲司さんと宝塚歌劇を楽しむ特別鑑賞会」でしたので、まずはそちらのレポを。


第12回 薮下哲司さんと宝塚歌劇を楽しむ特別鑑賞会
2020年1月9日(木) 1:30pm エスプリホール



薮下哲司さんは元スポーツニッポン新聞の宝塚歌劇担当記者で「歌劇」や「宝塚グラフ」に公演評も書いていらした方。映画・演劇評論家として活躍され、「宝塚歌劇支局プラス」というブログも運営されています。

その薮下さんが定期的に開催されている宝塚歌劇鑑賞会。今回初参加でした。
午後1時30分に集合して、宝塚大劇場3階のエスプリホールで松花堂弁当の昼食をいただき、薮下さんの講演を約40分お聴きした後、大劇場で3時公演を観劇、というスケジュールです。定員100名 即日完売だったとか。

公演のお話が中心となるのですが、できるだけネタバレは避けながら、これから観る公演をわかりやすくすように、という配慮がされた楽しい講演でした。
以下は印象に残った点をいくつか。


◆ みりおとだいもん

明日海りおさんの公演(A Fairy Tale/シャルム!)でも鑑賞会をやりましたが、明日海さんはカップルやファミリーなど2人以上で参加の人が多かったのに対して、望海さんの公演はほぼ一人参加。
「20世紀号に乗って」でもやったけれど、東京で1泊ツアーだったにもかかわらず全員一人参加でした。

-みりおとだいもんでそんなにファンの資質が違うっていうのに、何だかわかる気もしますしおもしろい。


続きがあります
posted by スキップ at 23:45| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする