2020年01月02日

切ない愛おしいまた会いたい 「蝙蝠の安さん」


201912yasusan.jpg

松本幸四郎さんがチャップリンの「街の灯」を歌舞伎化した「蝙蝠の安さん」を12月に上演すると情報公開された時、「あ、その話、前に聞いた!」と思い当たりました。
自分のブログ検索してみると、2007年3月 「チャップリン国際シンポジウム」でチャップリンのお孫さんと対談された時でした(こちら)。
あの時、チャップリンのお孫さんのチャーリーさんに正式に上演許可をいただいた作品。
幸四郎さんってば本当に有言実行の人です。

あれから12年過ぎましたが、幸四郎さんがおっしゃるところによると、今年はチャップリン生誕130周年で、チャップリンのご命日の12月25日にも上演。花売り娘お花を演じる坂東新悟さんのお祖父様・坂東好太郎さんは「蝙蝠の安さん」という映画に出演されていたという巡り合わせは計画してできることではなく、まさに「今が上演する時」だったそうです。


国立劇場12月歌舞伎公演 
チャールズ・チャップリン生誕130年
チャールズ・チャップリン=原作「街の灯」より
「蝙蝠の安さん」
脚色: 木村錦花
補綴: 国立劇場文芸研究会
脚本考証: 大野裕之
演出: 大和田文雄
美術: 国立劇場美術係
出演: 松本幸四郎  坂東新悟  市川猿弥  大谷廣太郎  
澤村宗之助  上村吉弥  大谷友右衛門 ほか

2019年12月22日(日) 1:55pm 国立劇場大劇場 1階2列下手
(上演時間: 1時間35分)



映画「街の灯」は多分高校生くらいの時に観たことがあります。
その頃よくチャップリンの映画を観ていましたので、「街の灯」と「ライムライト」がごちゃ混ぜになりがちだったのですが、舞台観ているうちにそうそう!と思い出しました。

ストーリーはほぼ「街の灯」そのままを日本の江戸時代に置き換えた感じ。
「蝙蝠の安さん」は、歌舞伎「与話情浮名横櫛」に登場する「蝙蝠安」に見立てられています。
風来坊の蝙蝠の安さん(幸四郎)は、橋の上で出会った盲目の花売り娘お花(新悟)の目の治療費のため奮闘して手に入れたお金を渡します。やがて目が見えるようになったお花のもとを安さんが訪ねますが・・・。


とてもよかったです。
結末は知っているはずなのにラストは切なくて、花道に佇む安さんが愛おしくて、涙がじわりとあふれました。


序幕 映画で記念碑の序幕式は大仏のお披露目
お花が安さんをお金持ちと勘違いするところ、映画のタクシーが駕籠に
ボクシングの試合は賭け相撲
といった具合に一つひとつ丁寧に日本に置き換えられています。
黒御簾から三味線で「街の灯」が流れてきた時にはうわぁ~という気分になりました。少し後の場面では笛でも演奏されていて、何とも哀愁を帯びた調べでした。

続きがあります
posted by スキップ at 21:29| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする