2020年01月01日

あけまして 2020年


20200101.jpeg

あけましておめでとうございます。
全国的に寒いという予報でしたが、大阪はそれほど気温も下がらず、青空が広がる穏やかな年明けとなりました。
秋田の友人からの連絡では、大晦日から雪で真っ白、2020年のスタートは雪かきからなのだとか。


今年も、お屠蘇とお雑煮、おせちをいただいて、初詣に参上して御神酒をいただくという、いつもと変わりない元旦を過ごしました。
去年と同じ、昨日と同じでいられることがどれほど幸せなことかを日々実感していますので、こうして穏やかで変わりないお正月を過ごせることに感謝の気持ちでいっぱいです。


さて、2019年の私のキーワードは「彼方を見る」でした。
うーん、うまく見られたかなぁ。
たとえば東京にお芝居を観に行く、といったルーティンと違う行動をする時、自分のことばかりでなく家族のことも考えなくてはいけない状況ですので、常に先を見据えて計画を立てて行動を起こしていろんな手配をしてということはできたと思います。
でも考えてみればそれって社会人として、仕事の上では当たり前のことですね。
3年後、5年後の自分が描けていないという点で、昨年の目標は落第です(-_-;)


その反省もふまえつつ、2020年のキーワードは「余白」。

これでもワタシ、毎日結構がんばっていると思うのです(自画自賛)。
やることと時間に追われ、年々衰えてくる体力・・・だけじゃなく、視力も聴力も記憶力も!・・・と闘い、アップアップながら日々精一杯生きています。
でもね、その中に余白の部分も持ちたいと思うのです。
それは何もしない時間かもしれないし、いつもフル回転している(と自分では思っている)頭をからっぽにする時間かもしれないし、ただ体を休めるだけの時間かもしれません。
余裕やゆとりと違うところは、そこは「余白」なので、やろうと思えば何かを書き込めること。
1日の単位では無理でも、1週間、ひと月、三か月、を見渡せば余白があって、真っ白なままだったり、何かを書き込んであったりする1年を過ごしたいと考えています。


2020年が皆さまにとりまして、明るく幸せに満ちた年となりますように。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。


posted by スキップ at 23:03| Comment(6) | diary | 更新情報をチェックする