2020年01月10日

薮下哲司さんとともに「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」を観る


takarazuka2020.jpeg

2020年1月 宝塚大劇場外のパネル。
このトップ画像、時代が変わったのを感じるよねー。


2020年ヅカはじめは雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」でした。
この後何回か観る予定ですので舞台の感想はまた改めるとして、この日は毎日新聞大阪開発主催の「薮下哲司さんと宝塚歌劇を楽しむ特別鑑賞会」でしたので、まずはそちらのレポを。


第12回 薮下哲司さんと宝塚歌劇を楽しむ特別鑑賞会
2020年1月9日(木) 1:30pm エスプリホール



薮下哲司さんは元スポーツニッポン新聞の宝塚歌劇担当記者で「歌劇」や「宝塚グラフ」に公演評も書いていらした方。映画・演劇評論家として活躍され、「宝塚歌劇支局プラス」というブログも運営されています。

その薮下さんが定期的に開催されている宝塚歌劇鑑賞会。今回初参加でした。
午後1時30分に集合して、宝塚大劇場3階のエスプリホールで松花堂弁当の昼食をいただき、薮下さんの講演を約40分お聴きした後、大劇場で3時公演を観劇、というスケジュールです。定員100名 即日完売だったとか。

公演のお話が中心となるのですが、できるだけネタバレは避けながら、これから観る公演をわかりやすくすように、という配慮がされた楽しい講演でした。
以下は印象に残った点をいくつか。


◆ みりおとだいもん

明日海りおさんの公演(A Fairy Tale/シャルム!)でも鑑賞会をやりましたが、明日海さんはカップルやファミリーなど2人以上で参加の人が多かったのに対して、望海さんの公演はほぼ一人参加。
「20世紀号に乗って」でもやったけれど、東京で1泊ツアーだったにもかかわらず全員一人参加でした。

-みりおとだいもんでそんなにファンの資質が違うっていうのに、何だかわかる気もしますしおもしろい。


続きがあります
posted by スキップ at 23:45| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

歌は愛や喜びのために歌うもの 「ファントム~もうひとつのオペラ座の怪人~」


phantom2019.jpg梅芸の最初のエスカレーター上がったところ(まだ劇場ロビーではない)に観客にまじってパラソルさして笑顔を振りまくドレスの貴婦人が2人。ロビーまでのエスカレーターに乗って、「あらぁ、動く~!」なんてこともおっしゃっていました。

ロビーは街灯やシャンデリアでいつもとは違った雰囲気。
人だかりが出来た中ではおじさんパリジャンがオルガン演奏する傍らで少年がお客さんの靴磨き。
客席ではパリ市民がパンフレットを売り、劇場案内係さんたちはペラ座の制服着用。

極めつけは開演前アナウンスで、ルドゥ警部(神尾佑)「パリ警察は皆様の安全をお守りします」。
開演前から観客を巻き込む演出で一気にパリ オペラ座の世界へ。


ミュージカル 「ファントム~もうひとつのオペラ座の怪人~」
原作: Gaston Leroux
脚本: Arthur Kopit
演出: 城田優
作詞・作曲: Maury Yeston
美術・衣裳: Tom Rogers
出演: 城田優  愛希れいか  廣瀬友祐  エリアンナ  
エハラマサヒロ  佐藤玲  神尾佑  岡田浩暉 ほか

2019年12月12日(木) 6:00pm 梅田芸術劇場 1階12列下手
(上演時間: 3時間5分/休憩 25分)



phantomcast1.jpeg

エリック(少年も)、クリスティーヌ、シャンドンがWキャストなのですが、ちゃぴちゃん(愛希れいか)のクリスティーヌありきで友人にチケットお願いしたら、このキャストとなりました。
演出は主演も兼ねる城田優さん。


続きがあります
posted by スキップ at 23:38| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

クエ鍋で2020年愉快にスタート @つかもと


昨日は松竹座 壽初春大歌舞伎 夜の部観劇。
演目が発表された時から2020年エンタメはじめは絶対これ!と決めていました。
8年ぶりの幸次郎はん@大當り伏見の富くじはやはりとてつもなく可愛かったです。
幸せ気分で打ち出された後は、東西5人のお仲間が集ってこちらへ。


つかもと
大阪市中央区東心斎橋2-8-3 日宝笠屋町会館 1F
tel:080-4646-5600

友人に連れて行ってもらったのですが、奥深いミナミにあって、
一人では多分二度と行けない (;'∀')

当初てっちりの予定だったのですが、お店の大将 ゴローさんから「天然のクエのいいのが入ったからそちらに変更させてほしい」と前日ご連絡が入ったということで、クエ鍋に変更。クエいただくのほんと久しぶり。



kue3.jpeg

まずはナマでカンパーイ



kue4.jpeg

kue5.jpeg

つき出しのワタリガニでおいし~となって
次のおつくりでさらにテンション上がる
一つひとつのお魚が本当においしいおつくりでした。



kue1.jpeg

そしてジャーン!
本日の主役登場です。


続きがあります
posted by スキップ at 23:20| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

切ない愛おしいまた会いたい 「蝙蝠の安さん」


201912yasusan.jpg

松本幸四郎さんがチャップリンの「街の灯」を歌舞伎化した「蝙蝠の安さん」を12月に上演すると情報公開された時、「あ、その話、前に聞いた!」と思い当たりました。
自分のブログ検索してみると、2007年3月 「チャップリン国際シンポジウム」でチャップリンのお孫さんと対談された時でした(こちら)。
あの時、チャップリンのお孫さんのチャーリーさんに正式に上演許可をいただいた作品。
幸四郎さんってば本当に有言実行の人です。

あれから12年過ぎましたが、幸四郎さんがおっしゃるところによると、今年はチャップリン生誕130周年で、チャップリンのご命日の12月25日にも上演。花売り娘お花を演じる坂東新悟さんのお祖父様・坂東好太郎さんは「蝙蝠の安さん」という映画に出演されていたという巡り合わせは計画してできることではなく、まさに「今が上演する時」だったそうです。


国立劇場12月歌舞伎公演 
チャールズ・チャップリン生誕130年
チャールズ・チャップリン=原作「街の灯」より
「蝙蝠の安さん」
脚色: 木村錦花
補綴: 国立劇場文芸研究会
脚本考証: 大野裕之
演出: 大和田文雄
美術: 国立劇場美術係
出演: 松本幸四郎  坂東新悟  市川猿弥  大谷廣太郎  
澤村宗之助  上村吉弥  大谷友右衛門 ほか

2019年12月22日(日) 1:55pm 国立劇場大劇場 1階2列下手
(上演時間: 1時間35分)



映画「街の灯」は多分高校生くらいの時に観たことがあります。
その頃よくチャップリンの映画を観ていましたので、「街の灯」と「ライムライト」がごちゃ混ぜになりがちだったのですが、舞台観ているうちにそうそう!と思い出しました。

ストーリーはほぼ「街の灯」そのままを日本の江戸時代に置き換えた感じ。
「蝙蝠の安さん」は、歌舞伎「与話情浮名横櫛」に登場する「蝙蝠安」に見立てられています。
風来坊の蝙蝠の安さん(幸四郎)は、橋の上で出会った盲目の花売り娘お花(新悟)の目の治療費のため奮闘して手に入れたお金を渡します。やがて目が見えるようになったお花のもとを安さんが訪ねますが・・・。


とてもよかったです。
結末は知っているはずなのにラストは切なくて、花道に佇む安さんが愛おしくて、涙がじわりとあふれました。


序幕 映画で記念碑の序幕式は大仏のお披露目
お花が安さんをお金持ちと勘違いするところ、映画のタクシーが駕籠に
ボクシングの試合は賭け相撲
といった具合に一つひとつ丁寧に日本に置き換えられています。
黒御簾から三味線で「街の灯」が流れてきた時にはうわぁ~という気分になりました。少し後の場面では笛でも演奏されていて、何とも哀愁を帯びた調べでした。

続きがあります
posted by スキップ at 21:29| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

あけまして 2020年


20200101.jpeg

あけましておめでとうございます。
全国的に寒いという予報でしたが、大阪はそれほど気温も下がらず、青空が広がる穏やかな年明けとなりました。
秋田の友人からの連絡では、大晦日から雪で真っ白、2020年のスタートは雪かきからなのだとか。


今年も、お屠蘇とお雑煮、おせちをいただいて、初詣に参上して御神酒をいただくという、いつもと変わりない元旦を過ごしました。
去年と同じ、昨日と同じでいられることがどれほど幸せなことかを日々実感していますので、こうして穏やかで変わりないお正月を過ごせることに感謝の気持ちでいっぱいです。


さて、2019年の私のキーワードは「彼方を見る」でした。
うーん、うまく見られたかなぁ。
たとえば東京にお芝居を観に行く、といったルーティンと違う行動をする時、自分のことばかりでなく家族のことも考えなくてはいけない状況ですので、常に先を見据えて計画を立てて行動を起こしていろんな手配をしてということはできたと思います。
でも考えてみればそれって社会人として、仕事の上では当たり前のことですね。
3年後、5年後の自分が描けていないという点で、昨年の目標は落第です(-_-;)


その反省もふまえつつ、2020年のキーワードは「余白」。

これでもワタシ、毎日結構がんばっていると思うのです(自画自賛)。
やることと時間に追われ、年々衰えてくる体力・・・だけじゃなく、視力も聴力も記憶力も!・・・と闘い、アップアップながら日々精一杯生きています。
でもね、その中に余白の部分も持ちたいと思うのです。
それは何もしない時間かもしれないし、いつもフル回転している(と自分では思っている)頭をからっぽにする時間かもしれないし、ただ体を休めるだけの時間かもしれません。
余裕やゆとりと違うところは、そこは「余白」なので、やろうと思えば何かを書き込めること。
1日の単位では無理でも、1週間、ひと月、三か月、を見渡せば余白があって、真っ白なままだったり、何かを書き込んであったりする1年を過ごしたいと考えています。


2020年が皆さまにとりまして、明るく幸せに満ちた年となりますように。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。


posted by スキップ at 23:03| Comment(6) | diary | 更新情報をチェックする