2019年11月25日

第27代花組トップスター明日海りお 本日をもって任を終えます 「明日海りお ラストデイ」ライブ中継


miriolastday.jpg昨日は宝塚歌劇花組 東京宝塚劇場公演千秋楽。
トップスター 明日海りおさんのラストデイでした。

日本全国はもちろん香港、台湾まで、189会場でのライブ中継は史上初の規模ということからも、明日海さんの人気ぶりがうかがえます。
かく言う私も、ライブ中継の抽選申し込む時、いつも保険のつもりで加える第3希望のTOHOシネマズ鳳になりました。初めて。その鳳も2スクリーン使用。
まぁ、自宅からだと梅田に行くのと時間的にはほぼ変わらないのですが。
そして鳳がかなり都会だということも今回初めて知りました。



宝塚歌劇花組 東京宝塚劇場公演千秋楽
「明日海りおラストデイ」 ライブ中継
出演: 明日海りお  華優希  柚香光  高翔みず希  
芽吹幸奈  瀬戸かずや 水美舞斗  乙羽映見  城妃美伶  
綺城ひか理  飛龍つかさ  帆純まひろ  聖乃あすか ほか

2019年11月24日(日) 1:30pm TOHOシネマズ鳳 スクリーン6
(上演時間: 4時間40分-カーテンコール含む-/休憩 30分)



Musical 「A Fairy Tale -青い薔薇の精-」
レヴューロマン  「シャルム!」
明日海りお サヨナラショー


お芝居、ショーとサヨナラショーの感想は上記リンクのとおり、宝塚大劇場で観た時に書きましたので、今回は印象に残ったことを付け加えるのと、退団のご挨拶、カーテンコールについて少し。


「A Fairy Tale -青い薔薇の精-」は、ラスト 車椅子のシャーロットの台詞にサヨナラ抜きにしても泣かされましたワ。
大劇場で観た時より作品そのものも熟成されているし、華優希さんの演技はすばらしいです。

大劇場の感想にも書きましたが、「歳をとるということは・・・」あたりから涙がぶわっと。
「大人になると生きるのが大変」って、おとぎ話の世界でなくとも身にしみて感じてきたこと。
そんな人生に、たとえ離れ離れだとしても「私の心の奥にはいつもあなたがいたからここまで生きてこられた」と思える存在がいるのはどれほど幸せなことだろうと思います。


「シャルム!」では、冒頭のシャルムさんのところで、「晴れましたね」と客席に語りかけていました。
前楽で、千秋楽雨の予報に「任せてください」と胸を叩いたらしい明日海さん。
その言葉どおり、朝から降っていた雨が、明日海さんの最後の楽屋入りの時にはあがったという奇跡。
「でもこれは僕の力ではなく、フルフルちゃん(華優希)が魔法をかけてくれたおかげです」と続けていました。
明日海さんの華ちゃんへの心遣いが温かく、泣きそうな顔して恐縮する華ちゃんも印象的でした。

そして、「ケサラ」。

ケサラ ケサラ ケサラ 僕たちの人生は
希望の歌をうたいながら
明日を信じて生きよう

万感の思いを込めて歌う明日海さんの輝く表情が、「悔いのない宝塚人生だったんだな」と思わせました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:31| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする