2019年11月22日

お前の弱い部分は俺が持っていてやる 「渦が森団地の眠れない子たち」


uzudan1.jpg  uzudan2.jpg

蓬莱竜太さんが、藤原竜也さんと鈴木亮平さんにあて書きして書き下ろした作品。
ともに38歳の二人が小学生を演じると話題沸騰でした。


Sky presents「渦が森団地の眠れない子たち」
作・演出 :  蓬莱竜太
音楽 :  国広和毅
美術 :  松井るみ
出演: 藤原竜也  鈴木亮平  奥貫薫  木場勝己  
岩瀬亮  蒲野紳之助  辰巳智秋  林大貴  宮崎敏行  
青山美郷  伊東沙保  太田緑ロランス  田原靖子  傳田うに
2019年10月30日(水) 1:00pm 森ノ宮ピロティホール K列下手
(上演時間: 2時間35分/休憩15分)



物語: 空想癖がある小学生 田口圭一郎(鈴木亮平)は、震災で家を失い、母の景子(奥貫薫)、妹の月子(青山美郷)とともに渦が森団地に引っ越してきました。その初日、電飾自転車に乗り、エアガンを背負ったガキ大将「キング」こと佐山鉄志(藤原竜也)と出会います。鉄志の母は景子の双子の姉で何故か疎遠になっている美佐枝(奥貫薫二役)とわかり、圭一郎は鉄志と「血縁の誓い」をかわして親友になる約束をします・・・。


心に傷を抱え、行ったことも見たこともない世界を想像しては、自分のノートに絵を描いている圭一郎。
外では虚勢を張りながら、とても繊細で傷つきやすく、家族の愛情に飢えている鉄志。

この2人を軸に、周りの小学生たちも含めたやり取りをコミカルに描きながら、ささいなことから均衡が崩れていく子供の世界。


子供たちだけの閉じた集団の中での息苦しさ。
暴力やいじめ、嘘や嫉妬。
誰にも言わないはずだった秘密の暴露。
簡単に覆る、いじめる側といじめられる側。
そしてその背景に見え隠れする愛情のねじれ、ネグレクト、母親同士(姉妹)の確執、さらには震災後の社会の閉塞感。

二人の母親はもちろん、読者モデルをやっているアイドル同級生 ダイアナ(太田緑ロレンス)や、町内会長のアベさん(木場勝己)といった、鉄志や圭一郎との関わりで描かれる人たちにもそれぞれドラマがあって、かなりな重層的に物語は展開します。
重い事象がこれでもかというくらいにふりかかってきて、観ているのがなかなかキツい。
鉄志にも圭一郎にも唯一リベラルな立場のように見えた圭一郎の妹 月子(きっこと呼ばれている)の交通事故で、ますます暗澹たる気持ちになる二幕ですが、苦く切ない別れの中に希望を感じさせるラストが用意されていました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:44| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする