2019年11月11日

No.1 チョコレートケーキ 「カライブ」 @なかたに亭



nakatanitei1.jpeg

人間ドックからのランチの後は、こちら。
本当はイートインで食後のデザート、と思ったのですが、おかず全種盛りでおなかいっぱいのため、お持ち帰りとなりました。


なかたに亭
大阪市天王寺区上本町6-6-27
tel: 06-6773-5240


近鉄電車 上本町駅から歩いて3分くらい。
新歌舞伎座のある上本町YUFURAの南側の通りにあります。

以前は別にショコラティエのお店もされていましたが、今は合体して
Pâttisserie Chocolaterie Salon となっていて、
ケーキ屋さんでありチョコレート専門店でもあります。

オーナーシェフの中谷哲哉さんは友人の旦那サマの学生時代のお友だち。
中谷さんがシェ・ワダのパティシエだった頃からおいしいデセールに感動していました。
その友人の結婚披露宴では、中谷さんお手製の目にも舌にもとびきりおいしいウエディングケーキをいただいたこともsweetな思い出です。
という訳で、こちらのお店にも以前はよく伺っていたのですが、ちょっと久しぶり。


ショーケースにずらりと並んだケーキはどれもおいしそうで迷ってしまいますが、まずは「なかたに亭と言えばこれでしょ」なカライブ。
カリブ諸島のカカオを使用しているという意味のチョコレートケーキでなかたに亭の人気No.1です。
というか、これよりおいしいチョコレートケーキを食べたことがない、というくらい、ワタシにとってNo.1 チョコレートケーキです。


nakatanitei2.jpeg

艶やかなビジュアルは芸術的なほど綺麗。
周りを覆ったチョコレートは濃厚。
中のムースはとろけるほどなめらか。
底のビスキュイはしっとり。



nakatanitei3.jpeg

食べかけ失礼
濃厚だけど重さは感じなくて、甘ったるくないのでいくらでも食べられてしまいそう。



nakatanitei5.jpeg

こちらはParadis (パラディ)
季節のフルーツとカスタードクリームをサンドした「天国」という名のついたケーキです。


nakatanitei4.jpeg


そしてこちらが今回新発見のプチシュー。
粉砂糖がかけられたプチシューとパリパリのキャラメルがかけられたキャラメル。
どちらもとてもおいしくて、やめられないとまらない状態になってコマル。




人間ドックで少しほめられたからと言って自分を甘やかしすぎでしょう の地獄度 (total 2032 vs 2035 )


posted by スキップ at 22:37| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする