2019年11月04日

マッチョマッチョ♪ 月組 「I AM FROM AUSTRIA -故郷は甘き調べ-」


iafa.jpg日本オーストリア友好150周年記念の日本初演ミュージカル。
「エリザベート」や「モーツァルト!」と同じウィーン劇場協会が2017年9月に制作・初演した新作ということですが、ずいぶんテイストの異なった、明るく楽しい現代ミュージカルです。


宝塚歌劇 月組公演
日本オーストリア友好150周年記念
UCCミュージカル
「I AM FROM AUSTRIA -故郷は甘き調べ-」
I AM FROM AUSTRIA – The Musical with Songs by Rainhard Fendrich
Music and Lyrics: Rainhard Fendrich
Book: Titus Hoffmann & Christian Struppeck
Original Production by Vereinigte Bühnen Wien
潤色・演出: 齋藤吉正
編曲: 手島恭子  音楽指揮: 上垣聡  装置: 國包洋子
出演: 珠城りょう  美園さくら  月城かなと  鳳月杏  海乃美月  
暁千星  光月るう  夏月都  紫門ゆりや  白雪さち花  千海華蘭  
輝月ゆうま  晴音アキ  夢奈瑠音  叶羽時  蓮つかさ  風間柚乃 ほか

2019年10月6日(日) 11:00am 宝塚大劇場 1階10列下手/
11月3日(日) 11:00am 1階1列下手
(上演時間: 3時間/休憩 30分)



物語の舞台はウィーンにある老舗四つ星ホテル・エードラー。
跡継息子のジョージ(珠白りょう)は革新的な改革を掲げて、ホテルを切り盛りする母であり社長のロミー・エードラー(海乃美月)とぶつかりながらも悲願である“五つ星”獲得を目指して奮闘していました。
このホテルにハリウッドの人気女優エマ・カーター(美園さくら)がお忍びでやって来ますが、フロント係のフェリックス(風間柚乃)が彼女の来訪をツイートしたためにマスコミが押し寄せホテルは大混乱に陥ってしまいます。ホテルの不手際を詫びに、ジョージがエマの部屋へ訪ね、二人は意気投合します。エマは実はオーストリア人という出自を隠していたのでした・・・。


主題歌の「I AM FROM AUSTRIA」はオーストリアの第二の国歌とも称される曲で、“オーストリアの国民的シンガーソングライターであるラインハルト・フェンドリッヒが綴った名曲の数々”と公式サイトにありましたので、いわゆるジュークボックス・ミュージカルになるのかな。
とはいえ、元歌を知りませんので、すっかりこのミュージカルのための楽曲だと思って楽しみました。

サブタイトルに「故郷(ふるさと)は甘き調べ」とあるとおり「故郷」や「家族」をテーマとしていますが、ストーリーそのものはシンプルで、基本はエマの自己発見の物語。
タイトルの「I AM FROM AUSTRIA」もクライマックスのオペラ座舞踏会でエマが放つ台詞です。
美園さくらさんの好演もあって、「エマが主役の物語だなぁ」と思いながら観ていたのですが、後で調べたらオリジナルはやはりエマが主役で、宝塚版化するにあたってジョージ主役に改編されたのだとか。


続きがあります
posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする