2019年10月25日

命より重い任務があんですか? 「最貧前線」


saihinzenzen4.jpg宮﨑駿さんが模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」に1980~90年代に不定期に連載した『宮﨑駿の雑想ノート』という連作絵物語&漫画の中の1作。その「雑想ノート」からは『紅の豚』も生まれたのだとか。
わずか5ページの小品という宮﨑駿さんのオリジナル作品を国内初の舞台化だそうです。


「最貧前線」 ~『宮﨑駿の雑想ノート』より~
原作: 宮﨑駿
脚本: 井上桂
演出: 一色隆司
美術: 松井るみ  音楽: 久米大作  
映像: 上田大樹  照明: 倉本泰史
出演: 内野聖陽  風間俊介  溝端淳平  佐藤誓  加藤啓  蕨野友也  
福山康平  浦上晟周  塩谷亮  前田旺志郎  ベンガル

2019年10月17日(木)6:30pm 兵庫県立芸術文化センター 
阪急中ホール 1階H列センター
(上演時間: 2時間40分/休憩15分)



物語は昭和19年から始まります。
太平洋戦争末期の日本。
軍艦をほとんど失くした日本海軍は、漁船を徴用し特別監視艇として、来襲するアメリカ軍の動静を探る任務を課していました。
徴用された小さな漁船 吉祥丸。
乗組員は、艇長(風間俊介)を始めとする海軍軍人5名と、もともと吉祥丸で漁をしていた船長(内野聖陽)を含めた漁師たち6名。
軍の規律を重んじる軍人たちと叩き上げの漁師たちはことごとく対立しますが、やがて軍人たちは漁師たちの知識や経験値、行動力に一目置くようになり、互いに信頼関係を芽生えさせていきます。しかし、戦況は厳しく、吉祥丸は海の最前線ともいうべき南方の海域に急遽派遣されることになります・・・。


「生きねばなんねぇ」とフライヤーに書かれています。
それは内野さん演じる船長の台詞なのですが、宮﨑駿さんのメッセージと聞こえました。

戦争で死ぬなどとは考えてもいないような漁師たちに対して、艦長以下の軍人たちはすでに死(と敗戦)を覚悟していて、お国のために死ぬことこそ生きる証と考えているように見えます。

これから南方の最前線へ行く、というところで一幕が終わって、戦況やいろいろな側面からどうしても辛い結末を予想してしまって、重い気持ちで二幕を迎えたのですが、そうはならない、安易に悲劇に走らないところがまずはすばらしい。
あのB29を迎え撃つ場面はそれこそ手に汗握って観る感覚でしたが、お守りを口に加え決死の形相の船長が敵機を蹴散らした時、そうだ、宮﨑駿さんはいつも、辛くてどうしようもない世の中にもわずかながら希望はあると、未来への希望を感じられる物語を描いてきた人だということを思い出しました。
生きることや命のとらえ方を改めて考えさせられる物語ですが、それは宮﨑駿さんの作品に共通したメッセージなのではないかな(全部拝見しているという訳ではありませんが)。

5ページの原作をどれくらい脚本で膨らませているのか定かではありませんが、どこか牧歌的な雰囲気とか、戦時下にあってもクスリと笑えたりする感じとかがいかにも宮﨑駿ワールドだなぁと。


続きがあります
posted by スキップ at 23:42| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする