2019年10月16日

《亞》という名がつくいのうえ歌舞伎 「けむりの軍団」


kemurinogundan.jpg2019年劇団☆新感線39興行・夏秋公演。
7月15日に赤坂ACTシアターで初日を迎えた「けむりの軍団」。

東京のチケット2回分取っていましたが諸般の事情で観に行けず、博多を経て大阪でやーっと my 初日。
新感線の舞台で初日開いてから観るまでこんなに長くかかったのは自分史上最遅。

劇団員メインでやるのはキツくなってきた”王道”いのうえ歌舞伎は若手の客演を中心に据えて、古田新太さん中心に劇団員や同世代の役者メインでやる場合はこちらで(by いのうえひでのりさん)といういのうえ歌舞伎《亞》alternative 第一弾です。

alternative つまり not 王道ということになりましょうか。


2019年劇団☆新感線39興行・夏秋公演
いのうえ歌舞伎《亞》alternative 「けむりの軍団」
脚本: 倉持裕 
演出: いのうえひでのり
美術: 池田ともゆき   照明: 原田保  
衣装: 前田文子   音楽: 岡崎司  
振付: 川崎悦子   映像: 上田大樹  
殺陣指導: 田尻茂一  川原正嗣
出演: 古田新太  早乙女太一  清野菜名  須賀健太  高田聖子  
粟根まこと  右近健一  河野まさと  逆木圭一郎  村木よし子  
インディ高橋  礒野慎吾  吉田メタル  中谷さとみ  保坂エマ  
宮下今日子  村木仁  川原正嗣  武田浩二  池田成志 ほか

2019年10月10日(木) 1:00pm フェスティバルホール 1階9列センター
(上演時間: 3時間5分/休憩 20分)



本能寺の変以後、秀吉の小田原征伐より前のいつか、という時代。
目良家、厚見家、夭願寺の三勢力が争うとある国の物語。
かつては軍配士として力を発揮してきた真中十兵衛(古田新太)は今は浪々の身となり、賭場で騒ぎを起こした美山輝親(池田成志)の賭場泥棒騒動に巻き込まれ、子分たちを人質に取られて五日の間に輝親を捕まえて戻らないと子分の命はないと脅されて輝親探しに出ます。途中、政略結婚で目良家に嫁いだものの同盟を反故にされたことで城を出た厚見家の紗々姫(清野菜名)と家臣の源七(須賀健太)を成り行きで厚見城まで送り届けることになりますが、紗々姫には、姑である目良家の権力者 嵐蔵院(高田聖子)や目良家の侍大将 飛沢莉左衛門(早乙女太一)という追手が迫っていました・・・。


2016年の「乱鶯」以来、3年ぶりの新感線登板となった倉持裕さんが脚本執筆にあたっていのうえひでのりさんからのリクエストは、黒澤明監督の映画「隠し砦の三悪人」と太宰治の「走れメロス」の要素を取り入れて欲しいということだったとか。
ナルホド、言われてみればそんなお話だったかな。
・・・と語気が弱めなのは、自分が今イチこの物語の世界に入り込むことができなかったからです。
おもしろくない訳では決してなかったのですが、何だろ、この感じ。
これまでのいのうえ歌舞伎で感じてきた高揚感とか、切なさに胸が苦しくなるといったところが薄めだからでしょうか(自分比)


続きがあります
posted by スキップ at 21:55| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする