2019年10月02日

0番に立つ者


image1.jpg

阪急電車宝塚駅を降りて、宝塚大劇場へ向かう階段のところに掲出されている宝塚歌劇のプロモーション。
大劇場へ行く時、いつもこれを見て、「あー、まだこれだった」とうれしい気持ちになります。

これ、ポスターモデルが誰かということはクレジットされていませんが、ファンなら誰でも知っていますし、この立ち姿と横顔を見ただけでもわかる・・・柚希礼音さんです。

0(ゼロ)番に立つ柚希礼音。



image2.jpg

柚希さんが宝塚を退団したのは2015年。
もう4年も前で、このポスターもいつ“代替り”してもおかしくありません。
だから、自分のブログにこの画像を遺しておきたいと思いました。

0番は、舞台中央前面の床に立ち位置を決めるために記された番号の中で、舞台の真ん中を示す番号。
宝塚に限らず、どんな舞台にも共通する舞台用語ですが、特に宝塚の場合、「0番」はトップの立ち位置、つまり0番に立つ人 イコール トップスターを意味します。

宝塚歌劇の舞台は「0番」を中心に作られていて、群舞などの美しいフォーメーションは0番に立つトップスターを中心に、各出演者が互いの立ち位置を細かく調整し、より美しく見える隊形を作り上げていくのだそうです。

自分の技量や情熱のすべてを注ぐばかりでなく、組子たちの先頭に立って、組を背負って、宝塚を代表して「0番」に立つトップスター。

柚希さんは本当に「0番」が似合うスターでしたが、先日 明日海りおさんのサヨナラショーを観て、明日海さんもまた「0番」に立つべく選ばれし者だなぁと感じた次第。

柚希さんが退団を決めた100周年の年にトップスターに就任した明日海さんが105周年に宝塚を去る。
こうして宝塚は常に新しい「0番に立つ者」を生み出し続けていくのですね。



次のトップオブトップは誰かなぁ のごくらく地獄度 (total 2113 vs 2114 )

posted by スキップ at 23:00| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

振り向けばいつもHappiness! 「明日海りお サヨナラショー」


miriosayonara.jpg

昨日は宝塚大劇場花組公演千秋楽。
トップスター 明日海りおさんが宝塚大劇場の舞台に立つ最後の日でした。
画像がレポがたくさんあがっていましたが、とてもよい千秋楽だったようで、明日海さんの笑顔が本当に清々しく晴れやでした。
私のナマ明日海さん観納めは前楽の9月29日。


宝塚歌劇 花組公演
明日海りお サヨナラショー
2019年9月29日(日) 6:15pm 宝塚大劇場 1階19列センター
(上演時間: 30分)



ショーに先だって、高翔みず希組長が明日海さんとの思い出エピソードを。
明日海さんとの思い出は何と言っても100周年大運動会。
運動会が開催されたのは明日海さんのトップお披露目公演「エリザベート」の宝塚公演が終わり、東京へ出発する前日でした。
朝、テレビの占いで「今日ラッキーなのはかに座」と聞いて、高翔さん、明日海さんとものかに座なのでともに喜び合ったのだとか。
が、綱引きで明暗が分かれ、花組は最下位に・・・大阪城ホールで泣いていたみりおちゃん思い出します。

そのまま東京公演の舞台稽古に臨んだ稽古後。
組子たちを元気づけようと、楽屋のお風呂を明日海さんと同期の望海さんの2人で銭湯風に改装してくれていたのだそうです。
のれんや飾りつけをして、ちゃんと効能書も貼ってあって、冷たい飲物が用意され、2人が歌う ♪いい湯だな が流れるという凝りよう。
「舞台では一番忙しいはずのトートとルキーニが準備したのかと思うと涙が出ました」と高翔組長。


そしてこの後、組長が読み上げた明日海さんのメッセージがウィットに富んでいて楽しくて、泣き笑いです。
本当に可愛らしくて聡明な人なんだなぁと改めて思いました。

舞台のスクリーンに初舞台の映像が流れ、それから年代順に演じた役が映し出されて、明日海さんのメッセージが入ります。
印象に残ったコメントをいくつか。


続きがあります
posted by スキップ at 23:36| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする