2019年10月10日

神様は心のスキを見逃さない


jal120-2.JPG

この週末は3連休ということもあって、私の周りにも東京遠征を予定している人多数。
私も土曜日(10/12)上京予定だったのですが、諸般の事情を鑑み、取りやめることにしました。


今回の上京は元々とてもイレギュラーだったもの。
というのは、以前から来週土曜日(10/19)に上京予定を組んでいたところ、
後になってこの情報が。


「FRANK WILDHORN & FRIENDS 2019」


このコンサートにワイルドホーンさんのご指名で柚希礼音さんが出演されると発表になった時、
「わっ!すごく行きたいけど2週続けてなんて無理ムリ~」
と一旦はあきらめたのでした。



柚希さんが「ワイルドホーンさんの演奏で歌うのは『スカーレット・ピンパーネル』のお稽古場以来」なんておっしゃるし、大好きなショーヴランのナンバーを歌うの確実だし、ましてこんな機会もう二度とないかもしれない(←いつもこれw)と考え直し、抽選に申し込んでハズレたらあきらめようと思っていたところ・・・当たりまして、それもかなり良席で楽しみにしていました。

できるだけ在京時間を少なくすむよう、ソワレのチケットを取って、午後からのフライトで上京してコンサート終了後は新幹線でサクッと帰阪するつもりでした。
台風が来ようが槍が降ろうが、私は「行くときは行く!」人間で、本当に観たいもの、観るべきものは神様がきっと行かせてくれると信じてもいます。


でもね

数日前にセットリストが発表された時、ショーヴランの「鷹のように」をはじめ聴きたい曲はもちろんたくさん入っていますが、「あれ?!これって無理してこれだけのために行かなきゃいけないものかな?」という思いがチラリと心の片隅をよぎってしまったのです。
ファンとしてあるまじきこと、と言われれば返す言葉もありませんが。


その心のスキをさすがに神様は見逃さないよね。



飛行機も新幹線も10/12は軒並みアウトで、行かせても帰らせてもくれないじゃない。


jrexpress.JPG


もちろん、前乗りや翌日帰りを考慮すれば行けないことはありませんが、「そこまでして」という気持ちの方が強く、今回は「行かない」という判断に至りました。
いやほんと、ごめんなさい 🙇





交通機関はどちらも手数料不要で払い戻しできたのにコンサートだけが開催か否かの結論まだ の地獄度 (total 2117 vs 2120 )



posted by スキップ at 23:04| Comment(2) | travel | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

勇気を出してすみれシチュー食べてみた


sumire.jpeg

宝塚大劇場内レストラン フェリエ に宝塚歌劇105周年記念メニューとして登場した「すみれシチュー」。

すみれ色のシチューに組カラーの5色の付け合わせ。
なんともまずそうな(!)すみれ色に、あの目の覚めるようなブルーの物体は何?と、年初に登場した時、ヅカファンの間でもかなりざわつきました。

宝塚にさほど詳しくはない方に念のため申し添えますと、レストラン フェリエは大劇場内にありますが、宝塚ホテルがやっている、ちゃんとしたレストランです(←)。


興味はあったものの、あの色にビビッてなかなか食べずにいたものの、105周年記念メニューだからもしかしたら来年はなくなるかもしれないと思い、先日思い切って食べてみました。



sumire3.jpeg


・・・フツーにおいしいクリームシチューでした。
あの鮮やかなブルーの物体はうずらの卵。


sumire2.jpeg


食べた後で公式サイトで内容を確認。

・ルー: 紫薩摩芋のピューレで色づけしたホワイトシチュー
・付け合わせ: スパム ・ パプリカ ・ ロマネスコ ・ うずら卵 ・ キドニー ビーンズ
・添え物: 桜漬け ・ コーンピクルス ・ コルニッション ・ 小玉葱 ・ しば漬け




おー、添え物のブルーはらっきょうと思って食べてたゼ(正解は小玉葱) のごくらく地獄度 (total 2117 vs 2118 )





posted by スキップ at 23:58| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

秋葡萄 @HIBIKA


image1 - コピー.jpg

「すべての商品が季節限定」という“四季菓子の店” HIBIKA

ヴィタメールやアンテノール同様、EDELWEISS のブランドの一つです。
生ケーキはもちろん、焼き菓子やふきよせなどすべて四季折々に変わって、しかもいずれもビジュアルよしお味よしでうめだ阪急にオープン以来大人気のパティスリー。私も大好き。
自分用はもちろん、ちょっとしたお持たせやお土産にもよく利用していて、季節が変わるたびに伺っています。

秋菓子は9月1日に始まって、11月中ごろまでということで、「そういえば秋になってまだ行ってなかった」と、本日梅田に出たついでに立ち寄ったところ・・・


image2 (002) - コピー.jpg

「秋葡萄」と名づけられたショートケーキに一目ぼれです(冒頭の画像)。
見た瞬間「これ!」と決めたのですが、さらにショーケースを覗くとどれもおいしそうな顔をして私を呼んでいる(^^ゞ
いやしかし、生菓子だから今日中に食べないといけないし、それは無理~と自制心と闘いながら結局誘惑に負けて、もう一つお買い上げ



image2 - コピー.jpg

「秋色」です。
この秋らしいビジュアルもさることながら、これ、キャラメル・ポワールでショコラサブレの上にはアーモンドスポンジと洋梨入りのジュレを包んだショコラキャラメルムース。
もう、私の大好きが全部詰まっている感じ。



image1 (002) - コピー.jpg

秋のケーキは全部で10種類。
もっと早くスタートして11月までに全種類制覇を目指すべきでした。



あ~ おいしかった(2個とも食べたんかーい!) のごくらく地獄度 (total 2116 vs 2117 )


posted by スキップ at 23:22| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

It's New!


image1 (9).jpg

パソコンを購入しました。

恥ずかしながら自宅のPCは未だ Windows7 でしたの。
途中バージョンアップもしたとはいえ、10年近く使っていていろんな不調が現れていて、処理速度遅かったりフリーズすることもしばしば。最近は液晶の左端にオレンジの細いラインが1本入るようになっていました。

会社だとIT部門の人がセットアップまでしてくれてすぐ使える状態で届きますが、プライベートだとそうはいかないので気が重くのびのびになっていましたが、Windows7 のサポート終了するというし、消費税率もアップすることだし、ということで思い切って買い替えました。

とはいえ、いろいろ調べたり比較検討したりする人間ではなく、そんな時間もありませんので、フラリと家電量販店に行って、「ハードユーザーではなく、そんなに複雑なこともしないし、動画やTVを見たりもしないので簡単なのでいい。でもExcelやWordは使うのでOfficeは必要」といった具合に大まかな利用意図を説明して、「それならこれがおススメ」と言われた3機種の中から選びました。

人気機種らしく、取り寄せに時間かかって結局9月30日に間に合わなかったというおまけつきであります。
(お店に行ったのがギリギリだったからねー)


で、昨夜遅くからせっせとセットアップ。
Office のインストールも Microsoft のアカウントページにログインして、プロダクトキーを入力して・・という手順なのねー。

冒頭の画像はインストール中のもの。
「すぐに完了します」とメッセージ出ているのになかなか時間かかっているので「もう寝るよ」とPCに語りかけているところであります。



image2 (6).jpg

そして無事完了。

Microsoft Edge って何?という世界から始まったのですが、Outlook 使うのが久しぶりでしたのでその設定に少し手間取ったくらいで、ウィルスバスターの引継ぎもWi-Fiもプリンターも、恐れていたよりずっと簡単にセットアップできまして、こうして新しいPCからサクサク快適に最初のブログ記事アップいたしております。




何でも新品使うのって気持ちいいよね お支払いのことさえ忘れれば のごくらく地獄度 (total 2115 vs 2116 )


posted by スキップ at 22:54| Comment(0) | shopping | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

悲しみ痛み 笑顔で隠して 花組 「シャルム!」


image1 (2).jpg

「シャルム」はフランス語で魅力、色香、魔法、呪文といった意味。
パリの地下都市を舞台に繰り広げられるレヴューです。

サヨナラ公演をそれほど強く意識していないショーで、結構淡々と楽しんで観ていたのですが、男役黒燕尾群舞のラスト、明日海さんが柚香光さんの背中をやさしく押し出すところでまずひと泣き。
その後、明日海さんが一人残って歌う「ケサラ」でダダ泣きです


宝塚歌劇花組公演
三井住友VISAカード シアター
レヴューロマン  「シャルム!」
作・演出: 稲葉太地
作曲・編曲: 太田健  高橋恵
音楽指揮: 西野淳
出演: 明日海りお  華優希  柚香光  高翔みず希  芽吹幸奈  瀬戸かずや  
水美舞斗  乙羽映見  城妃美伶  綺城ひか理  飛龍つかさ  帆純まひろ  聖乃あすか ほか

2019年9月15日(日) 11:00am 宝塚大劇場 1階5列センター/
9月29日(日) 3:00pm 1階19列センター
(上演時間: 55分)



「A Farly Tale -青い薔薇の精-」の感想はこちら


妖艶な「孔雀一夜」、光る骸骨が踊る舞踏会やフレンチカンカン、一転して正統派の夜の大舞踏会、レジスタンス・・と続く場面を楽しく観ていました。
「La Mer 光」で、全員が白い衣装で歌い踊って、「おー、退団公演っぽくなってきた」と思い、大階段が出てきて、娘役に囲まれた明日海さんからの華優希さんとのデュエットダンス(ブルーに金の入った衣装 ステキでした)、そして黒燕尾に突入。

大階段に並ぶ黒燕尾の男役たちの一番後ろからスックと現れる明日海さんの凛々しいこと。
星組の紅ゆずるさん同様、明日海皆と同じシンプルな黒燕尾でした。
このダンスが振付もカッコよくて見惚れていたところ(振付: ANJU先生)、ラストに水美舞斗、瀬戸かずや、柚香光の順で一人ずつ明日海さんと絡む・・・からの冒頭に書いた柚香さんの背中を押す・・・からのケサラです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:11| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

あなたがいたから生きてこられた 花組 「A Fairy Tale -青い薔薇の精-」


afairytale.jpg花組トップスター 明日海りおさん退団公演。
宝塚のオリジナル作品は基本あて書きですが、植田景子先生が最後に明日海さんにあて書きした役は、青い薔薇の精でした。


宝塚歌劇花組公演
三井住友VISAカード シアター
Musical 「A Fairy Tale -青い薔薇の精-」
作・演出: 植田景子
作曲・編曲: 吉田優子  斉藤恒芳  瓜生明希葉
音楽指揮: 西野淳
装置: 松井るみ   衣装: 有村淳
出演: 明日海りお  華優希  柚香光  高翔みず希  瀬戸かずや  水美舞斗  
乙羽映見  城妃美伶  綺城ひか理  飛龍つかさ  帆純まひろ  聖乃あすか ほか

2019年9月15日(日) 11:00am 宝塚大劇場 1階5列センター/
9月29日(日) 3:00pm 1階19列センター
(上演時間: 1時間35分)



物語の舞台は19世紀半ばのイギリス。
花が咲かなくなった薔薇園の再生を依頼された植物研究家のハーヴィー(柚香光)は、深い霧の夜、その枯れ果てたウィングフィールドの屋敷の庭で”青い薔薇の精”エリュ(明日海りお)と出会い、薔薇が咲かなくなったのは、かつてこの薔薇園の持ち主の娘 シャーロット(華優希)と恋をして自然界の掟に背いたためだと聞かされます・・・。


女の子が母親におとぎ話を読んでもらっているシーンからスタート。
そこへ

A Fairy Tale
幼い頃 聞いた おとぎ話
A Fairy Tale
心に残る 優しい記憶
~ おとぎ話の 終わりはいつも Happy Ending

と主題歌が重なります。
ま、主人公が妖精さんですからね。
盛大なおとぎ話でした。


明日海さんの青い薔薇の精はミステリアスで超絶美しく、いかにもこの世のものではない感を漂わせていて、こんな役できる人、他にいないだろうなと思わせるハマりっぷりでした。
花が咲き乱れるウィングフィールドの庭は蜷川さんのシェイクスピア劇を思わせるようで、枯れてしまって鬱蒼としてからも雰囲気があったし、ロンドンのヴィッカーズ商会のセットもよかったし、いかにも19世紀の英国といった趣きの衣装も素敵でした。

ただなぁ~
やっぱりおとぎ話ではないリアルな物語が観たかったなぁというのが正直なところ。
架空の話とはいえ、「ポーの一族」とは違うと思うのです。

エリュはじめ精霊たちがシャーロットとハーヴィー以外の人間には見えないというところも物語に入り込めない一因かな。人間たちの様子をだまって少し遠くから見ていたり、回想シーンだったりの登場なので、いささか影が薄い印象も。


・・・と思って観ていたところ、
ラスト。50年の時を経てエリュと再会したシャーロットの台詞。

続きがあります
posted by スキップ at 23:00| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする