2019年09月18日

若さも才気も野心も 「第五回 研の會」


kennokai2019.jpg

尾上右近くんの自主公演「研の會」。
毎年楽しみに拝見していますが、2015年に始まって第五回となる今回、初めて京都でも開催されました。


尾上右近自主公演 「第五回 研の會」
2019年8月29日(木) 12:00pm 春秋座 12列下手



一、 弁天娘女男白浪
   浜松屋見世先より稲瀬川勢揃いまで
作: 河竹黙阿弥
監修: 尾上菊五郎
出演: 尾上右近  坂東彦三郎  市川九團次  中村梅丸  市川福太郎  
市川新十郎  坂東亀三郎  市村橘太郎  片岡市蔵  市川團蔵
(上演時間: 1時間10分)


音羽屋さんのお家芸「弁天娘女男白波」。
4、5歳の頃に、ツラネのせりふをまるまる暗記していたという右近くんにとっても思い入れの深い演目なのだとか。
女形はもちろん立役も演じることの多い右近くんに弁天小僧はぴったりと思っていました。

最初に右近くんの声であらすじのナレーションが入ります。
歌舞伎ファンなら知っている内容ですが、もちろん初めての人もいる訳で、より舞台を楽しんでもらおうという心遣い。


憧れのお役をやれる喜びに満ちあふれているような弁天。
若くてとんがっていて、イキイキとして。
花道に現れる武家娘の美しさは申し分なく、見顕しからは口跡よい台詞が響き渡っていて、そのあたりはもう少し緩急がほしいとか、色気も・・と思わないではありませんが、
少年が大人になる道のりで見せる危うさ、そしてその一瞬の輝きを感じさせる弁天でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:09| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする