2019年09月09日

宝塚歌劇宙組 全国ツアー公演 「追憶のバルセロナ」


sorazentsu2019.jpg宝塚友の会はもちろん、数々の先行全敗で、「全ツの梅田って、ほんと、チケット取れなくなったよね~」と嘆くことしきりだったのですが、直前になって「チケットご用意できました」のご連絡があって、 と行って参りました。


宝塚歌劇宙組 全国ツアー公演
ミュージカル・ロマン 「追憶のバルセロナ」
作・演出: 正塚晴彦
出演: 真風涼帆  星風まどか  芹香斗亜  寿つかさ  
花音舞  凛城きら 星吹彩翔  桜木みなと  和希そら  
留依蒔世  遥羽らら  華妃まいあ  天彩峰里 ほか

2019年9月1日(日) 4:30pm 梅田芸術劇場メインホール 1階21列下手
(上演時間: 1時間35分)



舞台は19世紀のスペイン。
バルセロナの貴族の嫡子フランシスコ(真風涼帆)は、宣戦布告してきたフランス軍に立ち向かうべく親友のアントニオ(芹香斗亜)と共に参戦します。激しい戦闘の中でフランシスコは瀕死の重傷を負い、旅芸人一座の娘イサベル(星風まどか)の献身的な介抱によって一命を取り留めますが記憶を失ってしまいます。一座と行動を共にしながらやがて記憶を取り戻したフランシスコは伝説の英雄“黒い疾風”に扮してバルセロナへと潜入したフランシスコは、今やフランスの協力者となったアントニオと、彼の妻となったかつての許嫁セシリア(華妃まいあ)の姿でした・・・。


2002年に絵麻緒ゆうさん主演の雪組で上演された作品。
私は子どもの頃から宝塚を観ていますが、ある時期、全く観ていない期間があって、その時期のことを勝手に「宝塚暗黒時代」と呼んでいます。この作品はその暗黒時代の上演なので観ておらず、今回初見です。

19世紀にフランスから宣戦布告された半島戦争時代のスペイン。戦争で散々に打ち負かされてはいても、あくまで抵抗の姿勢を貫くか、フランスとの融和で生きる道を見出すか、スペイン国内が二つに分かれた時代を描いています。
史実や思想的な背景があっていかにも正塚先生らしい作品ですが、そのドラマ性とともに、ロマのスパニッシュから始まり、スペイン兵 vs フランス兵の戦闘を描く群舞、舞踏会やカーニバルなど華やかなダンスシーンもたくさん盛り込まれ、見応えある作品でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:05| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする