2019年09月07日

八月納涼歌舞伎 「新版 雪之丞変化」


2019noryo yukinojyohennge.jpg八月納涼歌舞伎 第三部は、坂東玉三郎さん演出による「新版 雪之丞変化」。
玉三郎さんが勘三郎さんといつか一緒に舞台にしたいと話していた演目なのだそうです。

主な出演者は3人だけ(中車さんは5役!)。
映像を多用した斬新な演出にオドロキ。
こんなことを歌舞伎座でできるなんて、改めて玉三郎さんの凄さを感じました。。


八月納涼歌舞伎 第三部
「新版 雪之丞変化」

原作: 三上於菟吉
脚本・演出補: 日下部太郎
演出・補綴: 坂東玉三郎
出演: 坂東玉三郎  市川中車  中村七之助 ほか

2019年8月18日(日) 6:30pm 歌舞伎座 3階3列センター
(上演時間: 2時間18分/幕間 20分)



物語: 師である中村菊之丞(中車)、同じ一座の役者である秋空星三郎(七之助)のもとで芸を磨く女方役者 中村雪之丞(玉三郎)は、幼い頃、長崎奉行たちに陥れられた父親が眼前で処刑されるという過去を持ち、その復讐を心に秘めていました。江戸の中村座にからお呼びがかかり出演することになったその初日、客席にはなんと父の仇 土部三斎(中車)の姿がありました・・・。


スクリーンに映し出される映像が、たとえば背景を映し出すといったレベルではなく、物語の人物がその中で演技していて、まるで映画のよう。
後で調べたら、大正時代には演劇と映画とを連結して見せる「連鎖劇」という手法が流行したこともあったそうです。
装置も至ってシンプルで歌舞伎座の舞台奥のコンクリート壁がそのまま見えたり。
役者さんの話なのでもちろん劇中劇もあり、バックステージものにもなっていたり。


続きがあります
posted by スキップ at 22:35| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする