2019年09月06日

これが本当に最後!? 八月納涼歌舞伎 「東海道中膝栗毛」


2019noryo yajikita.jpg「またお会いする日まで」と終わった昨年で大団円だったはずの「弥次喜多」がまさかの4回目の登場。
今度こそ本当に(笑)最後ということで、第二部全部つかって初めての一本立て上演です。


八月納涼歌舞伎 第二部
「東海道中膝栗毛」
松本幸四郎 市川猿之助 宙乗り相勤め申し候
原作: 十返舎一九
構成: 杉原邦生
脚本: 戸部和久
脚本・演出: 石川耕士/市川猿之助
出演: 市川猿之助  中村七之助  市川中車  
坂東巳之助  坂東新悟  中村隼人  中村児太郎  
中村虎之介  中村鷹之資  片岡千之助  市川染五郎  市川團子  中村鶴松  
市川寿猿  市川笑三郎  市川笑也  市川猿弥  市川門之助  松本幸四郎 ほか

2019年8月18日(日) 3:00pm 歌舞伎座 1階4列センター
(上演時間: 2時間40分/幕間 20分)



東海道中膝栗毛 アーカイブス
2016年2017年2018年


楽しかった!
こう言っては失礼ながら、すごく「ちゃんとした」つくりになっていました。
ラスベガスに行ったりしないし、歌舞伎座で探偵まがいに犯人探ししたりもしない。
原点回帰とでも言いますか、「弥次さん喜多さんがお伊勢参りの旅をする」がベースにあって、その上でこれでもか、とたくさんのお遊びを盛り込む趣向。

弥次さん喜多さんとそっくりの大盗賊の獅子戸乱武(トランプ)と黒船風珍(プーチン)を登場させて二人の早替りを見せるのをはじめ、いつもながらベテランから若手までたくさんの役者さんに場を与え、名作歌舞伎の演目を随所に盛り込み、楽屋落ちネタありドリフみ満載のお笑いあり、本水の立ち廻りあり宙乗りありと、本当に盛りだくさんで楽しい演目に仕上がっていました。

歌舞伎演目のパロディは私が気づいただけでも、「鈴ヶ森」「切られ与三」「女殺油地獄」「一本刀土俵入」「瞼の母」「滝の白糸」「一谷嫩軍記」・・・とありましたが、台詞だけならもっとかも?
そうそう、喜多さんがキスしようとした弥次さんに「ロシア式の挨拶はやめてくれよ」と三谷かぶき「月光露針路日本」の台詞を言っていました。
「女殺油地獄」の場面なんて、舞台装置出てきた時からそれとわかるもんね(中身は油じゃなくてとろろだけど)。
隼人くん与三郎と新悟くんお富の二人同時の転び方がまんま幸四郎さんと猿之助さんの「女殺油地獄」で、習ったんだなぁと思ったり。
それにあのすべり台・・・あれ絶対幸四郎さんがやりかったヤツ(笑)。


続きがあります
posted by スキップ at 22:48| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする