2019年09月04日

八月納涼歌舞伎 第一部


2019noryo.jpg「納涼歌舞伎の意義とは・・・」なんてことも取り沙汰された今年の八月納涼歌舞伎。
古典あり新作あり、若手花形が大役に挑む義太夫狂言や夏らしく肩のこらない演目、そして気鋭の新演出まで、バラエティに富んだ内容で三部までたっぷり楽しみました。


八月納涼歌舞伎 第一部
2019年8月18日(日) 11:00am 歌舞伎座 1階5列下手


一、 伽羅先代萩
   御殿/床下
監修: 坂東玉三郎
出演: 中村七之助  松本幸四郎  中村児太郎  中村勘太郎  中村長三郎  
中村歌女之丞  坂東巳之助  中村扇雀 ほか
(上演時間 1時間40分)



七之助さんが初役で女形の大役 政岡に挑む「先代萩」。
ご自身は元より、勘太郎くん、長三郎くんまで玉三郎さんに教えていただいたのだとか。
「竹の間」はなくて、「飯炊き」がついた「御殿」と「床下」での上演です。

「政岡ってやっぱり難しい役だなぁ」というのが最初の印象。
七之助さんは初役とは思えないほどよく演じていらして、強い忠義心を持ち、わが子が殺されても表情一つ変えない凛とした「乳人」と、一人になって否応なく情が全身から漏れ出る愛情深い「母」との対比も鮮やか。

茶道のお点前に則ってご飯を炊く「飯炊き」はいささか手順に追われている感がありましたが、茶道具に向かいながらも、常に背中に二人のことを気遣っているように感じられるなど、台詞もほとんどない場面であれだけ場を持たせ、引きつけられるのはすごい。
八汐に眼の前でわが子 千松を殺されながら、鶴千代君を護って顔色ひとつ変えず身じろぎもしないで凛と立つ姿もよかったですが、花道で栄御前を見送って、死んだわが子と二人きりになった時の慟哭、クドキが「もっとー」と思ってしまいました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:07| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする