2019年08月30日

初音ミク南座初お目見え 「八月南座超歌舞伎」


minamiza201908.jpg2016年から毎年ニコニコ超会議の中で「伝統芸能である歌舞伎とNTTの最先端技術 ボーカロイドの融合」として幕張メッセで上演されてきた「超歌舞伎」。
南座新開場記念として、歌舞伎発祥の地 京都に登場。
初音ミクさんもバーチャルアイドルとしては史上初めて、南座の舞台にお目見えです。


八月南座超歌舞伎 
2019年8月14日(水) 3:30pm 南座 3階1列センター



一、 超歌舞伎のみかた
出演:中村蝶紫   澤村國矢
(上演時間: 30分)


蝶紫さんと國矢さんで「超歌舞伎」予習編。

「超歌舞伎のみかた」がスクリーンで上映された後、超歌舞伎特有の要素である「分身の術」や「変化の術」を実演をまじえて解説の後、客席に募って「分身の術」の体験コーナー。
この日はツインテールの10歳くらいの女の子でしたが、見よう見まねながらとても上手に見得していて感心。

客席全員で大向うの練習もしました。
「超歌舞伎」では大向うはいつでも好きな時にかけていいのだそう。
初音ミクさんの屋号は「初音屋」、超高臨場感通信技術「Kirari!」を駆使するNTTさんにもちゃんと屋号があって「電話屋」ですって(笑)。

14色に発光するというペンライトの説明&販促も。
初音ミクさんはグリーンがイメージカラーということで、ミクさんの登場シーンでは緑、青龍は青、獅童演じる佐藤四郎兵衛忠信赤、ラストの桜ではピンク・・・など。
「ペンライトは絶対必要」と力説するお二人のペンライト営業トークが一番印象的でした・・・それでも買わなかったけれどもww



image1 (18).jpg

この方が初音ミクさんです(私以外 皆さまご存知かと思いますが)。


続きがあります
posted by スキップ at 23:07| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする