2019年08月22日

ひとり星の上で 僕は旅に出る 星組 「Éclair Brillant」


god program.jpg「宇宙から地球に舞い降りた青年が、世界各地を舞台に歌い踊る姿を描いた美しくゴージャスなレビュー」

とても端正なショーでした。
紅ゆずるさんはショースターというイメージはあまりなかったけれど、最後にこんなクラシカルで端正なショーを見せてくれるなんて。
そして、紅さんにこんなショーを書いてくれた酒井澄夫先生すばらしい。


宝塚歌劇星組公演
スペース・レビュー・ファンタジア
「Éclair Brillant (エクレール ブリアン)」
作・演出: 酒井澄夫
作曲・編曲: 吉田優子  千住明  青木朝子  玉麻尚一
三味線録音演奏: 上妻宏光
出演: 紅ゆずる  綺咲愛里  礼真琴  如月蓮  天寿光希  
麻央侑希  瀬央ゆりあ  有沙瞳  極美慎  舞空瞳/華形ひかる ほか

2019年7月18日(木) 3:00pm 宝塚大劇場 1階27列上手/
8月15日(木) 3:00pm 1階10列センター
(上演時間: 55分)



「GOD OF STARS-食聖-」 の感想はこちら


このところの宝塚のショーといえば、やたらK-POPやJ-POPが使われている印象だったのですが、このショーは、クラシックやシャンソン、ラテンなどのスタンダードな曲で綴られ、しかもその曲たちはどれも宝塚ファンならみんな聴いたことがあるオーソドックスな名曲揃い・・・それを新しいアレンジで聴かせて見せてくれます。

オープニングの閃光が斜めに入ったような美術はじめシンプルで統一感のある舞台装置、品よく美しい色合いの衣装、そして演出、すべてが揃った完成度の高い宝塚の正統派のショーでした。


★ ひとり星の上で

華やかなプロローグが終わって、紅ゆずるさんが一人残って歌う 「ひとり星の上で」。

ジルベール・ベコーのシャンソンですが、「星組のショーと聞いて、なぜか、最初に紅さんの顔と共に浮かんだのがこの曲でした。遥か宇宙の彼方からやってきた紅ゆずるが、この舞台に降り立ち、夢を伝える・・・そんな発想から、このショーは生まれました」とプログラムの酒井澄夫先生。

  ひとり星の上で
  僕は旅に出る
  銀の舟に乗り
  幸せ求めて
  新しいひとつの
  光を目指して
  僕は飛んでいく 

銀橋に座り、星を見上げてとても穏やかな笑顔でゆったりとのびやかに歌う紅さん。
歌詞も曲も素敵だし、キーも紅さんに合っていて、とても印象的でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:08| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする