2019年08月16日

夏休み文楽特別公演 「仮名手本忠臣蔵」


bunraku201908.jpg4月から11月にかけて3回に分けて「仮名手本忠臣蔵」を上演する今年開場35周年の国立文楽劇場。
4月に大序から四段目までを観て、次は4カ月も先か~と思っていたら、その日はすぐにやって来ました。
この分だと11月も程なくやってきて、1年あっという間だったね、という日もすぐそこでしょう。


国立文楽劇場開場三十五周年記念
夏休み文楽特別公演 第2部 <名作劇場>
通し狂言 仮名手本忠臣蔵
五段目  山崎街道出合いの段/二つ玉の段
六段目  身売りの段/ 早野勘平腹切の段
七段目  祇園一力茶屋の段

配役はこちら

2019年8月1日(木) 2:00pm 国立文楽劇場 1列センター
(上演時間: 3時間33分/幕間 20分)



主君の大事に「色にふけったばっかりに」居合わせることができなかった早野勘平と勘平が討入りに加わるための金を工面するために京の花街に身売りする妻おかる、おかるの兄で足軽ながら何とか討入りに加わりたいと願う寺岡平右衛門・・・「仮名手本忠臣蔵」中盤の人間ドラマ。

勘平の悲劇を描く五段目、六段目ですが、何度観ても苦い思いは残ります。
姑に責められ、自分が撃った人が舅の与市兵衛と思い込んで絶望する勘平はともかく、与市兵衛の死体を改める弥五郎さんたち、勘平が腹を切った後ではなく、もっと早くそれやってよと思います。そのあたりが「主君の仇討ち」という大義の影で運命に翻弄される末端の人間の悲劇や不条理を際立たせているとも言えますが。


続きがあります
posted by スキップ at 23:04| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする