2019年08月11日

広いこの世界で 君と巡り合えた奇跡 月組 「ON THE TOWN」


onthetownmoon.jpg今年1月、月組新トップコンビ 珠城りょう・美園さくらのお披露目公演として東京国際フォーラムで上演された作品。
その時点で梅芸公演も発表されていましたので、東京はガマンして楽しみに待っていました。一部キャストを変更しての上演です。
この公演に先立って佐渡裕さんプロデュース版も観て、私にしては珍しく予習もしっかり。


宝塚歌劇月組公演
ブロードウェイ・ミュージカル
「ON THE TOWN」(オン・ザ・タウン)

Music by LEONARD BERNSTEIN
Book and Lyrics by BETTY COMDEN and ADOLPH GREEN
Based on a Concept by JEROME ROBBINS
潤色・演出: 野口幸作
出演: 珠城りょう  美園さくら  鳳月杏  暁千星  夏月都  紫門ゆりや  白雪さち花  夢奈瑠音  海乃美月  楓ゆき  英かおと  結愛かれん/英真なおき ほか

2019年8月8日(木) 12:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階4列(最前列)下手
(上演時間: 3時間/休憩 30分)



1944年初演のブロードウェイ・ミュージカル。
24時間の上陸許可を得た海軍水兵のゲイビー(珠城りょう)は、仲間のオジー(鳳月杏)、チップ(暁千星)と共にニューヨークの波止場に降り立ちます。ゲイビーは、地下鉄の中で“ミス・サブウェイ”のポスターの美女・アイヴィ・スミス(美園さくら)に一目惚れ。必ず彼女を探し出してデートをすると意気込むゲイビーにオジーとチップも協力を約束し、3人で手分けして彼女を探すことにします。アイヴィを探すうち、チップはタクシー運転手のヒルディ(夢奈瑠音)に迫られ、オジーは人類学者のクレア(海乃美月)と出会い、それぞれ恋の花を咲かせます。そんな中、ゲイビーはカーネギー・ホールのレッスンスタジオでついにアイヴィを見つけますが・・・。


梅芸での宝塚公演には珍しくオーケストラピットが設けてあり、4列というチケットを持っていたのですが、客席に着いてみるとまさかの最前列。しかも、下手側だけにしかない舞台からオケピに架けられた縦の銀橋みたいな通路とそれに続く客席降りの階段のすぐ横という席で、同行の友人とともに「えっ?!ここ?!!」と開演前からテンションあがりました。
たくさんある客席降りも客席からの登場も全部この階段を使いますし、この通路の先端に立ち止まるということも多く、目も心も幸せすぎる席でした。

チケットの売れ行きに苦戦しているとも聞きましたが、舞台はとても楽しかったです。
「これなら私、もう1回観てもいいな」と思ったくらい・・・8月12日の千秋楽までに予定が取れず残念でしたが。


版権関係の制約が厳しいと思われ、先日観た佐渡裕さんプロデュース版とほぼ同じで、楽曲はもちろん、場面展開や演出もオリジナルからさほど潤色が加えられていない印象でした。
逆に言えば、宝塚的スターシステムに合わせた演出とはなっていなくて、ゲイビー&アイヴィのカップルだけが突出しているのではなく、3組それぞれ見せ場があって群像劇のような展開。娘役さんにソロ曲がたくさんあるのも特徴的でした。

でもやっぱり、キャストのことを知らないで観た佐渡版より、演じている人の顔が見える宝塚版が断然楽しい!
加えて、ドリーム・バレエやクラブのショーの場面などは、これぞタカラヅカ、な華やかさでショーアップされていたのもとてもよかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 21:15| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする