2019年08月06日

REON YUZUKI one-man show 「LEMONADE」


lemonade.jpg柚希礼音さんは1999年に宝塚音楽学校を卒業して初舞台を踏み、今年で芸歴20周年。
その記念の年に様々な挑戦を私たちに見せてくれていますが、この作品もその一つ。
初めてのひとり舞台です。


REON YUZUKI one-man show 
Musical 「LEMONADE」

作・演出: 小林香
音楽: 江草啓太
振付: 川崎悦子  Oguri (s**t kingz)
美術: 石原 敬   照明: 高見和義
音響: 山本浩一   映像: 石田 肇
出演: 柚希礼音

2019年7月13日(土) 5:00pm シアター・ドラマシティ 8列センター/
7月15日(月) 12:30pm 5列下手
(上演時間: 1時間40分)



岬の先端にあるサナトリウムの一室が舞台。
この部屋で療養しているのは映(はゆる)。
自身の広告代理店 ハユル・アドを立ち上げ忙しく充実した日々を送る中、血液疾患で倒れ、無菌室での治療を経てこのサナトリウムに移った彼女は悩みを抱えていました。自分とは別の人格-リラとブルーが突如現れるのです。医師のカウンセリングを受けながら自分が多重人格であることを受け入れられない映。ある日彼女は、このサナトリウムが天文台だった頃の管理人 Billの古い日記を見つけます・・・。


「ひとり芝居に多重人格とはまたうまいこと考えたなぁ」というのが最初の感想。
しかも、オトコが一人まじっている(笑)。

東京公演の情報を一切シャットダウンして臨みましたので、映がリラに変わり、さらにブルーが現れて、舞台上で鏡に向かって髪をかきあげジェルでなでつけ、スーツに着替え、ネクタイをしめて・・・とナマ変身すところでは「え、そんなの聞いてないよ~」となりました。
そうして現れたブルーがまた超クールで、あの低音ヴォイスの歌声響かせ、セクシーなダンス踊って見せてくれて、今でも現役男役十分イケるやん!!という感じ。


続きがあります
posted by スキップ at 23:18| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする