2019年08月05日

ミュージカル・オペラ・クラシック 幸せな融合 「オン・ザ・タウン」


onthetown.jpg毎年楽しみにしている佐渡裕プロデュースオペラ。
今年は、バーンスタインのミュージカル「オン・ザ・タウン」です。
昨年から生誕100周年記念コンサートで世界各地で指揮をされてきた佐渡さんが、「その集大成にはぜひ兵庫で彼の作品を上演したい」という思いがあったのだそうです。
原語歌唱、フルオーケストラによる本格的な舞台上演は、日本国内では今回が初めてなのだとか。

4月に同じ兵芸で開催された「バーンスタイン生誕100年 佐渡 裕 音楽の贈りもの ~We love L.B.」でも、この「オン・ザ・タウン」から4曲披露されて、とてもよかったので、本番を楽しみにしていました。


佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2019 
ミュージカル 「オン・ザ・タウン」 ON THE TOWN

音楽: レナード・バーンスタイン
指揮: 佐渡裕
演出/装置・衣装デザイン: アントニー・マクドナルド
ムーヴメント・ディレクター: ルーシー・バージ
振付: アンシュリー・ペイジ
出演: チャールズ・ライス  アレックス・オッターバーン  ダン・シェルヴィ  
ケイティ・ディーコン  ジェシカ・ウォーカー イーファ・ミスケリー  
スティーヴン・リチャードソン ラリー・サマーズ アンナ・デニス ランソワ・テストリー ほか
合唱: ひょうごプロデュースオペラ合唱団
管弦楽: 兵庫芸術文化センター管弦楽団

2019年7月14日(日) 2:00pm 兵庫県立芸術文化センター
KOBELCO大ホール 2階2LB列
(上演時間: 2時間40分/休憩 25分)



舞台は1940年代のニューヨーク。
ブルックリン海軍造船所に停泊する軍船から休暇で憧れの大都会ニューヨークの街へ繰り出した3人の水兵たち。
許された休暇は24時間。そのまる1日の物語。

ゲイビーは地下鉄で見かけた「ミス改札口」のポスターの美女 アイヴィに一目ぼれ。
他の2人も協力して、3人は別行動でアイヴィを探すことにします。
チップはタクシーの女性運転手 ヒルディと、オジーは自然史博物館で文化人類学者のクレアに出会い、それぞれひとときのアヴァンチュールを楽しみ、ゲイビーはカーネギー・ホールのスタジオでついにアイヴィを見つけますが・・・。


1944年に初演されたミュージカル。
ドタバタコメディなのですが、いかにも古き良き時代のアメリカな雰囲気で、屈託なく明るく開放的な作品です。


続きがあります
posted by スキップ at 23:11| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする