2019年07月14日

What are you fighting for ? 「マクガワン・トリロジー」


mcgowantrilogy.jpgIRA(アイルランド共和国軍) 内部保安部長 ヴィクター・M・マクガワンの3年間を描いた物語。
松坂桃李くんが孤独な殺人マシンを演じます。

ほぼ1年前に観た舞台で、感想書きかけのままになっていたのですが、「松坂桃李」で自分のブログ検索して、この作品出てこないの嫌だったの~。


「マクガワン・トリロジー」
作: シェーマス・スキャンロン
翻訳: 浦辺千鶴
演出: 小川絵梨子
美術: 二村周作  照明: 原田保  衣装: 前田文子
出演: 松坂桃李  浜中文一  趣里  小柳心  谷田歩  高橋惠子

2018年7月4日(水) 2:00pm 兵庫県立芸術文化センター 
阪急中ホール 1階A列センター
(上演時間: 2時間30分/休憩 15分)



タイトル通り、三部作になっていて、1年ずつ異なった場面が展開します。

狂気のダンス: 1984年 ベルファストのバー
ヴィクター(松坂桃李)はIRAメンバーのアハーン(小柳心)が敵に情報を漏らした疑いを持ち、彼を問い詰めます。尋問は司令官ペンダー(谷田歩)、バーテンダー パーマン(浜中文一)を巻き込んでエスカレートして・・・。

濡れた背の高い草: 1985年 メイヨー州の湖畔
ヴィクターは一人の女を手にかけるため車のトランクに乗せてこの場所に連れて来ました。
彼女(趣里)はヴィクターの幼なじみで、この場所は二人の故郷でした。

男の子たちが私の前を泳いで行った: 1986年 ゴールウェイ州の老人施設
ヴィクターは認知症の母 メイ(高橋惠子)と対面します。母はヴィクターを父や弟と間違えて、乱暴者のヴィクターが大嫌いだったと話しますが、やがて・・・。


開演前、会場に入るとデヴィッド・ボウイの"Heroes"が流れていて、いきなりテンション上がるボウイ好きスキップ。
ベルファストのバーのラジオから絶えず流れていた曲が70~80年代のUKパンクロックだったり、二部でも選曲や音楽の使い方がとても印象的でしたが、こういうのって戯曲で指定されているのかな。演出の小川絵梨子さんの用意したものなのかしら(フライヤーには 音楽: 大嶋吾郎とありました)。


三部ともヴィクターが対象となる人物を粛清する話なのですが、一部はとにかく「怖かった」という印象。
いわれのない狂気的な暴力(ヴィクターにとっては「いわれない」訳では決してないけれど)とか血まみれの惨劇とかにとても弱いということを思い知りました、ワタシ。

アハーンを追い詰めるヴィクターが、狂気というか、ぶっ壊れた感じで、常にハイテンションでまくし立てる、暴れる、殴る、時には歌う。
でも実はかなり冷静で、本当に冷酷に無慈悲にアハーンを追い詰めていて、外にいる仲間とのレシーバーでの会話を聞いているとすべて計算ずくでやっているようにも感じられます。紅茶が好きだったり、会話の中にラテン語やシェイクスピアを織り交ぜたりして、粗暴な行動とは裏腹に実は教養も高く頭もよさそう。

いやでも本当に怖かった(再び)。
ヴィクターがポテトチップスの袋をバァーン!とやった時、最前列でしたので粉々のポテトチップスがバーッと飛んで来て顔に当たった時には、背筋が寒くなりました。


image1 (6).jpg

これ、その時のポテトチップス。


続きがあります
posted by スキップ at 23:43| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする