2019年07月09日

走れ光太夫 振り返るな 三谷かぶき 「月光露針路日本」 風雲児たち


走れ光太夫 振り返るなよ
月あかり照らすふるさと 伊勢の海
走れ光太夫 泣くな光太夫

10年にわたる艱難辛苦の末、故郷日本へと舵を取る大黒屋光太夫。
そこに重なる三味線に乗せた浄瑠璃が今も耳に残ります。


tsukiakari.jpg


松本幸四郎(当時 市川染五郎)さんが三谷幸喜さんに「ぜひ歌舞伎を書いてください」とお願いして実現したPARCO歌舞伎 「決闘! 高田馬場」が上演されたのが2006年(感想はこちら・・・この頃の自分のレポ読み返して短さに驚く。簡潔だったなぁ)。
上演中からすでに「次は○○をやりたいね」というお話が、三谷さんと幸四郎さん、猿之助(当時 亀治郎)さんとの間で出ていたということですが、13年の時を経て、やーっと実現しました。
それも歌舞伎座でっ!


六月大歌舞伎 夜の部
三谷かぶき 「月光露針路日本」 (つきあかりめざすふるさと) 風雲児たち
原作: みなもと太郎
作・演出: 三谷幸喜
美術: 堀尾幸男  照明: 服部基  衣装: 前田文子
出演: 松本幸四郎  市川猿之助  片岡愛之助  尾上松也  八嶋智人
坂東新悟  大谷廣太郎  中村種之助  市川染五郎  市川弘太郎  中村鶴松  
片岡松之助  片岡千次郎  片岡松十郎  市川寿猿  澤村宗之助  松本錦吾  
市川男女蔵  市川高麗蔵  坂東竹三郎  坂東彌十郎  松本白鸚 ほか

2019年6月6日(木) 4:30pm 歌舞伎座 3階2列下手/
6月25日(火) 1階2列センター
(上演時間: 3時間42分/幕間 30分・20分)



鎖国によって外国との交流が厳しく制限され、徳川幕府の政策により1本マストの帆船しか許されなかった江戸時代の物語。
大黒屋光太夫(幸四郎)は、神昌丸の船頭として16人の乗組員たちとともに伊勢を出帆しますが、江戸に向かう途中で激しい嵐に見舞われて帆を折り、大海原を漂流した挙句、ロシア領アリューシャン列島のアムチトカ島へと流れ着きます。仲間が一人また一人と命を落としていく中、日本に帰る方策を求めて、カムチャッカ、オホーツク、ヤクーツク、イルクーツクとロシアを西へ西へと移り住み、ついにサンクトペテルブルグで女帝 エカテリーナ(猿之助)と謁見し帰国の許しを得て、実に10年の時を経て日本へ帰り着くまでを描きます。


三谷流の遊び心たっぷりで、随所に散りばめられた笑いにあははと盛り上がりながら、過酷な運命に立ち向かう人々の苦悩のドラマが終盤胸に迫ります。

最初は船頭として自信なげで頼りなかったのに、「絶対に全員で生きて日本に帰る」という強い意志を持って仲間を鼓舞するリーダーに成長する光太夫はじめ、仲間の乗組員たちのキャラクターが立っていて、いかにも三谷さんらしい群像劇。
転々とする各地でエピソードが織り込まれてロードムービーっぽくて、「そういえば『決闘! 高田馬場』もこんな感じだったなぁ」と思い出したりも。


続きがあります
posted by スキップ at 22:27| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする