2019年07月05日

宝塚って何でもできちゃう 花組 「花より男子」


hanadan2019.jpg1992年から2004年まで「マーガレット」に連載された神尾葉子さんの少女漫画が原作。
私は一度も読んだことがなく、映画も観ていなくて、2005年にオンエアされた井上真央さん主演のドラマで知りました。道明寺司より断然 花沢類派で、演じる小栗旬くんも「めちゃいーじゃん」となったのでした(小栗旬くんブレイクのきっかけとなったドラマでもあります)。なつかしい。

それを宝塚で、って、もっと早く上演されていてもおかしくなかったかなとも思いますが、いじめとか高校生なのに飲酒とか他にも際どいシーンとか、清く正しく美しいとは言い難い展開が足かせとなっていたのでしょうか。
そんなあれこれも歌やダンスで彩って、宝塚って何でもできちゃうよね。


宝塚歌劇 花組公演
TAKARAZUKA MUSICAL ROMANCE  「花より男子」
原作: 神尾葉子 「花より男子」
脚本・演出: 野口幸作
出演: 柚香光  城妃美伶  優波慧  聖乃あすか  希波らいと  
高翔みず希  華雅りりか  音くり寿 ほか

2019年6月25日(火) 1:00pm 赤坂ACTシアター 1階P列センター
(上演時間: 3時間/休憩 30分)



お金持ちばかりが通う中でも超絶セレブの男生徒4人「F4」に支配されている英徳学園。
高校から入学した庶民の娘 牧野つくし(城妃美伶)は転校生の三条桜子(音くり寿)をかばったことから道明寺司(柚香光)と争い、赤札を貼られたため、全校生徒からいじめの対象となります。しかし、正義感と持ち前の“雑草魂”で果敢に立ち向かい続けるつくしに司は次第に心惹かれ始めます。一方、つくしはF4の一員ながら自分を危機から救ってくれた花沢類(聖乃あすか)のことが気になり・・・。


つくしと道明寺司の恋バナを軸に、花沢類の藤堂静への想いや三条桜子の陰謀、ティーン・オブ・ジャパンコンテストなどいろんなエピソードを盛り込んでテンポよく展開、歌もダンスもたっぷりで楽しいミュージカルに仕上がっていました。

スクリーンに映し出されたF4のイラストのそれぞれのところからF4が一人ずつ登場するという幕開き。
皆さん、原作漫画というよりドラマですごく研究したと思われ、特に柚香光さんの道明寺司と聖乃あすかさんの花沢類はそれぞれ、松本潤くん、小栗旬くんにビジュアルも雰囲気もそっくりでした。
この二人は台詞も寄せてきてる感じだったな。
寄せてきてるといえば、つくしの弟の進。青騎司くん。佇まいといいい台詞まわしといい、ドラマ版の冨浦智嗣くんそっくりでした。


image2 (5).jpg



続きがあります
posted by スキップ at 23:01| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする