2019年06月30日

声よし所作よし姿よし 「化粧二題」


keshonidai.jpg内野聖陽さん演じる大衆演劇の座長 市川辰三が、「役者は一に声、二に所作、三に姿」と座員に言う場面があるのですが、まさにそれを地でいく内野さん。
声よし所作よし姿よし。
もちろん芝居もよくてさらに色っぽい。
惚れ直しましたっ!


井上ひさしメモリアル 
こまつ座 第127回公演
「化粧二題」
作: 井上ひさし
演出: 鵜山仁
出演: 有森也実  内野聖陽

2019年6月20日(木) 1:00pm 兵庫県立芸術文化センター 
阪急中ホール 1階E列センター
(上演時間: 1時間35分)



井上ひさしさんが渡辺美佐子さんのために書かれた女優の一人芝居「化粧」を原型として、鏡映しになる男性座長の物語を書き加えて2000年に初演された作品。
二人芝居ではなく、二つの物語をそれぞれ一人芝居で演じます。

どちらもさびれた芝居小屋の楽屋が舞台。
化粧前に座り、白粉を塗り、眉を描き、紅を引き、衣装をつけ、と舞台に出る仕度をしながら展開します。
先に有森也実さん演じる女座長 五月洋子、続いて内野聖陽さんの市川辰三が登場しますが、共通するのは「母と子」の物語ということ。

五月洋子は子を捨てた母。
市川辰三は母に捨てられた息子。


続きがあります
posted by スキップ at 23:39| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする