2019年06月12日

たまるり最高か 月組 「夢現無双/クルンテープ」千秋楽ライブ中継


mugenlv.jpg月組 東京宝塚劇場千秋楽は、美弥るりかさんのラストデイでもあり、劇場には行けないまでも「ライビュ絶対観に行くわよ」と鼻息荒く早くからスケジュール帳に記入してチケット取って首尾よく観て参りました。

何とも心に残るカーテンコール。
観られてよかったです。


宝塚歌劇月組 東京宝塚劇場公演千秋楽 ライブ中継
「夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-/
クルンテープ 天使の都」


2019年6月9日(日) 3:30pm 
大阪ステーションシティシネマ スクリーン4
(上映時間: 4時間30分-サヨナラショー、カーテンコール含む/休憩 30分)



本編のお芝居&ショーの感想は宝塚大劇場で観た時に書きましたので、出演者ともどもこちらに。
「夢現無双」
「クルンテープ」


東京公演は月城かなとさん休演に伴う代役がありましたので、その印象を少し残しておきたいと思います。

「夢現無双」
月城かなとさんが演じた本位田又八を風間柚乃さん、風間さんの辻風黄平(宍戸梅軒)を蘭世惠翔さんという代役。

風間さん、前作「エリザベート」のルキーニに続いて大役の代役。
演技も歌もまだ研6(100期)とは思えぬ安定感。
元々少し小柄な上に大きな長身の珠城さんと並ぶといささか分が悪い感じですが、又八が武蔵に抱く屈折した思いも出ていて感心しました。

宍戸梅軒は誰がよくわからなくて、休憩中に調べて蘭世惠翔さんだとわかってびっくり。
少年っぽい可愛らしいイメージでしたが、荒々しい宍戸梅軒、よくがんばっていました(←どんな上から目線)。


続きがあります
posted by スキップ at 23:36| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする