2019年06月02日

差し出す手の不気味さ 「クラッシャー女中」


crusher.jpg根本宗子さんが「皆、シンデレラがやりたい。」(2017)に続いてM&Oplaysとタッグを組んだ公演の第2弾。
前作を観ていませんので、これが私のねもしゅーデビューです。


M&Oplaysプロデュース 「クラッシャー女中」
作・演出: 根本宗子
美術: 原田愛
出演: 麻生久美子  中村倫也  趣里  
佐藤真弓  根本宗子  田村健太郎  西田尚美

2019年4月20日(土) 5:00pm 
シアター・ドラマシティ 4列センター (上演時間: 2時間20分)



ポップでカラフルな舞台装置。
開演時間になると、「あら?そろそろ始まるのかしら?」という声が聞こえ、根本宗子さん、趣里さん、田村健太郎さんが登場。
椅子を動かしたり、テーブルを運んだり、カーテンを取り付けたり、と働き始めます。

「あ、まだお芝居始まっていないんで」と根本さん。「皆さん携帯の電源とか音の出るもの、今の内に切って下さいねー」と開演前の諸注意を。
「この後、義則って役の人が現れたら、そこからお芝居開始なんです」
と言って、しばらくそのままセットに座って3人で雑談。
あー、こういう感じなんだ、と思っているところへ中村倫也くん登場して開演です。


物語: 世界的画家 小笠原義一の息子・義則(中村倫也)は父亡き後、人気デザイナーとして成功を手にし、息子を溺愛する母親 和紗(西田尚美)、2人の女中(佐藤真弓・根本宗子)、義則の幼なじみで小笠原家の養子となった華鹿男(カカオ/田村健太郎)とともに大きなお屋敷で暮らしていました。
そこへ、義則がひと目ぼれした女性 ノエル(趣里)が婚約者としてこの屋敷にやって来ます。彼女はゆみ子(麻生久美子)という女中を伴っていました。この2人が現れたことで、隠された真実が次々とあらわになり・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 22:54| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする