2019年06月09日

母なるふるさと 「まほろば」


mahoroba.jpg「すばらしい場所」「住みやすい場所」という意味の古語「まほろば」

この言葉を聞いて真っ先に思い浮かぶのは、
倭(やまと)は 国のまほろば たたなづく青垣 山隠れる 倭しうるはし   という短歌。
次に、♪ あおによし 平城山(ならやま)の空に満月~   というさだまさしさんの楽曲。

どちらも奈良のイメージですが、この物語の舞台は長崎。
開演前、ロビーで聞こえてきたアナウンスがちょっと訛っていて、「あれ?地方出身の新人さんかな?」と思っていたのですが、劇場内での上演前諸注意のアナウンスは完全に方言(長崎弁?)で、「あー、そういうこと」となりました。

2008年に蓬莱竜太さんが新国立劇場に書き下ろして岸田國士戯曲賞を受賞した作品。
初演、再演の演出は栗山民也さんでしたが、今回は劇団チョコレートケーキの日澤雄介さん。キャストも一新しての再々演です。


「まほろば」
作: 蓬莱竜太
演出: 日澤雄介
美術: 土岐研一
出演: 高橋惠子  早霧せいな  中村ゆり  生越千晴  安生悠璃菜  三田和代

2019年4月24日(水) 11:30am シアター・ドラマシティ 7列下手
(上演時間: 2時間)



祭ばやしが聞える田舎町。地元の名家として知られた藤木家の客間が舞台。
親類が集まる宴会の準備に忙しく働きながら、本家の嫁として跡取りとなる男子を産まなかったことを悔い、娘たちに希望を託す母 ヒロコ(高橋惠子)
東京に出て仕事が忙しく婚期が遅れていていまだ独身。祭を前に突然帰郷した長女ミドリ(早霧せいな)
元ヤンで父親不明の娘を産み、今なお実家暮らしでミドリと喧嘩ばかりしている次女 キョウコ(中村ゆり)
キョウコの娘でこれまた突然帰ってきたユリア(生越千晴)
認知症気味ながらすべてをゆったり見守りおっとり構える姑のタマエ(三田和代)
見知らぬ近所の女の子 マオ(安生悠璃菜)

女ばかり6人で展開される物語。


続きがあります
posted by スキップ at 23:09| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

2年越しで高級海苔弁を食す


image1 (2).jpg

GINZA SIX に2017年4月のオープンから2ヵ月後くらいに初めて行った時(後にも先にもGINZA SIXに行ったのはあの1回きりだ)、地下のグルメフロアはあの店もこのお店も行列だったのですが、中でも、とあるお弁当屋さんに大行列ができていて、オープン時間から間もなかったのにすでに完売の商品もあって、とても驚いたものです。
後で調べたらこちらのお店でした。


刷毛じょうゆ 海苔弁 山登り


「へええええぇ~、のりべん!一度食べてみたいものだ」とは思ったのですが「あれを買いにGINZA SIXまでは行けないし、まして並ばないよね」と思っていました。

その海苔弁が歌舞伎座(厳密には木挽町広場のお弁当処やぐら)で買えると教えていただいたのはそれからしばらく後のことでした。
歌舞伎座に行ってもお弁当処に立ち寄ることがあまりなく、それ以前に海苔弁のこともすっかり忘れていたのに何故か今回記憶が蘇り、2年越しでかの海苔弁をいただくことができました。


冒頭の画像がその海苔弁 1,100円。  
他のお弁当が高いのでそれほど高く感じませんが、海苔弁としては高級なお値段です。
ちなみに、他の店舗では1,080円で売っているらしいのに20円上乗せされているのは歌舞伎座の取り分ですかね?(笑)


これねぇ、大変おいしかったです。
こちらは3種ある海苔弁の中で「海」というものらしく、主役はでーんと構える鮭。
その他に、ちくわの磯辺揚げ、玉子焼き、大葉のれんこんもち、青菜のナムル、あとしらたきの明太子和えも入っていたかな。
どのおかずもきちんと丁寧に調理されていて、一つひとつがおいしい。
そして特筆すべきは主菜の鮭。
上質で肉厚な鮭が絶妙の焼き加減でとてもふんわりやらかく焼き上げられていて、甘塩で上品なお味はいつまでも食べていたいくらいのおいしさ。

ごはんはこれらの下に薄く敷いてあって、海苔・ごはん・海苔・ごはんの二層仕立て。
黒々とした高級海苔は香りも味もしっかり。ごはん少なめですが私にはちょうどよい量で軽く完食でございました。


image2 (2).jpg

パッケージはこんな感じ。
海苔弁とは思えない高級感ですな。
七月大歌舞伎のチラシ(裏)をランチョンマット代わりにしているのはご愛敬ということで。




こうなると「山」「畑」も食べてみたくなりますが・・・のごくらく地獄度 (total 2059 vs 2063 )


posted by スキップ at 22:35| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

スターウォーズジェットに乗って東京へ


image1 (2).jpg

本日は東京へ行ってきました・・・とはいうものの、いつものことながら正しくは「東京へ」ではなく「歌舞伎座へ」です。

8:10 関空発のフライトで羽田空港から歌舞伎座へ直行、「六月大歌舞伎」を通しで観て、昼夜の間には歌舞伎座で偶然一緒になったお友達と歌舞伎座近くのビアバーで乾杯して、とずっと歌舞伎座エリアに入り浸り。

昼夜とも充実の演目を楽しく拝見、昼の部では華やかなな元ジェンヌさんにも遭遇というゴージャスなおまけもついて、楽しい one day in Tokyo でした。


冒頭の画像は飛行機の窓から見えた富士山。
まだ雪が残っていました。
気圧の関係か飛行機では離陸直後から爆睡してしまうことが常の不肖スキップ。
今日は珍しく起きていて、そんな日に雲に浮かぶ富士山が見られて、今日は何だか朝からよい日でした。



image1.jpg image2.jpg

そして本日の機材はスターウォーズジェット。
以前 宝塚大劇場でANA貸切の時、このジェットのモデルを見たことがあるのですが、搭乗するのは初めてでした。
CAさんの機内アナウンスの後に C-3PO のアナウンスが入ったりして楽しかったです。

楽しかったといえば、昨年登場して歌舞伎ファンの間で話題になった機内安全ビデオ(こちら
降機する時にはメイキング映像が流されていて、こちらも楽しかったです。



6:10 出発 11:45 帰着 歌舞伎座に9時間半 のごくらく地獄度 (total 2058 vs 2062 )
posted by スキップ at 23:55| Comment(0) | travel | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

チケ取り3タテ


抽選でエントリーしておけば後は結果を待つのみというのとは違って、「○月○日△時発売開始」という先着順は、秒単位の勝負になることもあって、なかなかスリリング。
そんな先行が3件続いたこの3日間。


tsuioku.jpg■ 6月1日(土) 10:00 宝塚歌劇宙組 全国ツアー公演(梅田)
某カード会社先着先行

時報聞きながらスタンバイして just on time にアクセスしてチケット取れた!というところまで行ったのに決済画面でずーっとフリーズしてタイムアウト→撃沈

このカード会社先行、以前は取れなかったことなんかなくて、いろんな先行外れた時も「あれがあるさ」と頼みの綱だったのに、近ごろはこんなこと多くなりました。ヅカ人気おそるべし。



natsuyasumibunraku.jpg■ 6月2日(日) 10:00 国立文楽劇場 夏休み文楽公演 
文楽劇場友の会先行

文楽はワタクシお人形第一主義なので、お人形(と人形遣いさん)がよく見える最前列のセンターが好み。
ちびっこだから2列目以降だと前の人の頭で視界がブロックされることがあるので。

まぁ贅沢言わなければ取れるでしょ、というスタンスで直前にアクセスしたのですが、10:00になってもwebの画面で「購入」ボタンが表示されない。タイムラグがあるのかな、と数分待って何度かリロードしてみましたが、何度やっても同じ状態→こりゃいかん!ということで電話に切り替え→トーゼンつながりません。
NTTのメッセージや話し中を何度も繰り返し後、109コール目でやっとつながる。

夏休み文楽は日程が短いので観に行ける日が限られるのですが、2部、3部とも希望日の最前列センター捕獲。電話のお姉さまありがとう。



shochikuza201907.jpg■ 6月3日(月) 10:00  松竹座七月大歌舞伎 
松竹歌舞伎会先行

これも贅沢言わなければチケット取れないということはないという見通しですが、松竹座は好みの席があってだな・・・。
3階で観る時、できるだけ前で観たいのはヤマヤマなのですが、歌舞伎ファンならみなさんご存知のとおり、最前列は前の透明プラスティック板がちょうど目線の高さになって甚だ見にくい。
だから2列目マストなのですが、3階は座席の間がとても狭いのでできるだけ通路側がよい・・・となるとやはり座席は限られる訳です。

仁左衛門さんの「碇知盛」がかかる昼の部は、最初から前方センター席(3階)がごっそりない日もあって、結構な激戦でしたね。
ちょっとだけ妥協したりもしましたが、こちらも昼夜希望日希望席を捕獲完了。


はぁ 疲れた




そして明後日は「超歌舞伎」 仕事中だから無理かも の地獄度 (total 2057 vs 2061 )


posted by スキップ at 22:47| Comment(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

差し出す手の不気味さ 「クラッシャー女中」


crusher.jpg根本宗子さんが「皆、シンデレラがやりたい。」(2017)に続いてM&Oplaysとタッグを組んだ公演の第2弾。
前作を観ていませんので、これが私のねもしゅーデビューです。


M&Oplaysプロデュース 「クラッシャー女中」
作・演出: 根本宗子
美術: 原田愛
出演: 麻生久美子  中村倫也  趣里  
佐藤真弓  根本宗子  田村健太郎  西田尚美

2019年4月20日(土) 5:00pm 
シアター・ドラマシティ 4列センター (上演時間: 2時間20分)



ポップでカラフルな舞台装置。
開演時間になると、「あら?そろそろ始まるのかしら?」という声が聞こえ、根本宗子さん、趣里さん、田村健太郎さんが登場。
椅子を動かしたり、テーブルを運んだり、カーテンを取り付けたり、と働き始めます。

「あ、まだお芝居始まっていないんで」と根本さん。「皆さん携帯の電源とか音の出るもの、今の内に切って下さいねー」と開演前の諸注意を。
「この後、義則って役の人が現れたら、そこからお芝居開始なんです」
と言って、しばらくそのままセットに座って3人で雑談。
あー、こういう感じなんだ、と思っているところへ中村倫也くん登場して開演です。


物語: 世界的画家 小笠原義一の息子・義則(中村倫也)は父亡き後、人気デザイナーとして成功を手にし、息子を溺愛する母親 和紗(西田尚美)、2人の女中(佐藤真弓・根本宗子)、義則の幼なじみで小笠原家の養子となった華鹿男(カカオ/田村健太郎)とともに大きなお屋敷で暮らしていました。
そこへ、義則がひと目ぼれした女性 ノエル(趣里)が婚約者としてこの屋敷にやって来ます。彼女はゆみ子(麻生久美子)という女中を伴っていました。この2人が現れたことで、隠された真実が次々とあらわになり・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 22:54| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

4月文楽公演 「仮名手本忠臣蔵」


bunraku201904.jpg今年の国立文楽劇場は開場35周年記念とで「仮名手本忠臣蔵」の通し上演。
とは言っても、

4月文楽公演: 大序より四段目まで
夏休み文楽特別公演: 五段目より七段目まで
11月文楽公演: 八段目より十一段目まで

と3回に分けての上演です。
特設サイトもできていてなかなかの気合の入れよう。
2012年に昼夜通しで全段上演(感想はこちら)した気概もほしいところではありますが、忠臣蔵フェチといたしましては、ほぼ1年かけてじっくり楽しませていただく所存。


国立文楽劇場開場35周年記念
4月文楽公演 第1部  
通し狂言 「仮名手本忠臣蔵」
大  序  鶴が岡兜改めの段/恋歌の段
二段目  桃井館力弥使者の段/本蔵松切の段
三段目  下馬先進物の段/腰元おかる文使いの段/殿中刃傷の段/裏門の段
四段目  花籠の段/塩谷判官切腹の段/城明渡しの段

配役はこちら

2019年4月10日(水) 11:00am 国立文楽劇場 1列センター
(上演時間: 4時間18分/幕間 25分・10分)



幕開き前から能管と締太鼓の演奏。
これから荘厳な物語が始まるという予兆たっぷり。
幕が開くと鶴ヶ岡八幡宮の兜改めで人形が正面を向いてずらりと並んでいます。
大序と二段目は人形遣いさん全員黒衣。
衣装もそれほど見慣れていなくて(もちろん配役把握していない)、誰が誰だかわかりません状態なのですが、高師直だけ「!!」となりました。桐竹勘十郎さん、やっぱり特徴あるなー。

二段目の「桃井館力弥使者の段」は文楽、歌舞伎を通して初めて観た・・・と思います。
(前回の通し上演では「桃井館本蔵松切の段」だけだった。)
父の塩谷判官から若狭之助への使者として訪問した力弥。
家老である加古川本蔵の妻 戸無瀬は娘 小浪の力弥への恋心を察して、仮病を使って小浪に対応させる・・・という筋立て。
これが八段目の「 道行旅路の嫁入」の戸無瀬、小浪の必死の旅路に繋がるのね~と。


続きがあります
posted by スキップ at 23:22| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする