2019年06月22日

ぜってぇー あきらめないっ! 「NARUTO」


naruto.jpg岸本斉史さんが1999年から2014年まで週刊少年ジャンプに連載された人気漫画。
「ワンピース」に続く、少年漫画の歌舞伎化第二弾ということで、2018年8月 新橋演舞場で初演されました。
まだ発表前に「来年南座でやるらしいよ」と情報をいただいて、演舞場ガマンした私、エライ(?)


南座新開場記念
新作歌舞伎 「NARUTO -ナルト-」
原作: 岸本斉史
脚本・演出: G2
出演: 坂東巳之助  中村隼人  市川笑也  
嘉島典俊  市瀬秀和  安田桃太郎  中村梅乃  
澤村國矢  市川猿四郎  中村梅丸  市川笑三郎  
市川猿弥  中村梅玉 ほか

2019年6月15日(土) 4:00pm 南座 3階1列センター
(上演時間: 3時間45分/幕間 30分・20分)



image2.jpg



体内に九尾の妖狐を封印された落ちこぼれ忍者・うずまきナルトが里一番の忍である火影を目指し、仲間たちと共に数々の試練を乗り越えて成長していく物語。

木ノ葉隠れの里に育った落ちこぼれ忍者 うずまきナルト(巳之助)は忍者学校を卒業し、うちはサスケ(隼人)、春野サクラ(梅丸)とともに、はたけカカシ(嘉島典俊)のもと任務に励んでいました。
ナルトはサスケをよきライバルであり大事な友だちと思っていましたが、サスケは両親を含む一族全員が兄のうちはイタチ(市瀬秀和)に殺されるという暗い過去を抱えていました。サスケたちは数々の試練に立ち向かいながら、自来也(猿弥)、綱手(笑也)との出会い、大蛇丸(笑三郎)との争いを経て、世界を揺るがす強大な敵 うちはマダラ(中村梅玉)との闘いに挑むのでした。


「ワンピース」を観た時と違って原作全く知らず・・・「うちはサスケ」の「うちは」は「ウチワ」と読むとずーっと思ってたくらい。だって「コンニチワ」も「こんにちは」って書くじゃない←)、もちろんあらすじも読まずに観ましたが、名前が時々聴き取れなかった以外は(笑)、わかりやすく楽しく拝見しました。


続きがあります
posted by スキップ at 17:30| Comment(2) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

六月大歌舞伎 昼の部


kabukiza201906.jpg歌舞伎座の六月大歌舞伎。
夜の部は三谷幸喜さんの新作一本ものですが、昼の部はいかにも歌舞伎な古典の演目が並んでいて、その対照も楽しく、歌舞伎の懐の深さを感じるところです。


六月大歌舞伎 昼の部
2019年6月6日(木) 11:00 歌舞伎座 
3階1列センター




一、寿式三番叟 
松本幸四郎 尾上松也三番叟相勤め申し候
出演: 松本幸四郎  尾上松也 中村松江  中村東蔵
(上演時間: 30分)


天下泰平を祈り、五穀豊穣を寿ぐといわれる三番叟。
「操三番叟」や「舌出三番叟」など、バリエーションもいろいろある中で、この「寿式三番叟」が大元になるものなのかな。
「邪気を払う儀式的な舞踊を歌舞伎化するとアクロバティックな三番叟になったという、三番叟の原点を目指して演じる心です」と幸四郎さん。
2006年5月 幸四郎(当時 染五郎)さんが猿之助(当時 亀治郎)さんと新橋演舞場で初演されて、2014年11月に歌舞伎座で尾上松緑さんと再演(感想はこちら)、今回が三度目ということで、上演数(というか幸四郎さんの出演数)の少なさからもかなり貴重で、とても楽しみにしていました。

東蔵さんの翁、松江さんの千歳の厳かな舞で始まる幕。

二人の三番叟がつつつと花道まで出て、七三で揃ってきりりと舞台を向き直り、トンッと足を踏んだ時、背中がゾクッとしました。良い意味で「鳥肌が立つ」という、あの感じです。
以来、目を奪われっぱなしです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:37| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

ビストロノミーランチ @リッツ・カールトン大阪



image1 (4).jpeg

本日はサンケイホールブリーゼにてイキウメ「獣の柱」観劇(おもしろかった!)の前に、ファザコンサリーちゃんとランチ (何だかまたグルメブログみたいになってきた)。

1週間前くらいに急に決めた予定で、目ぼしいレストランは空いていなくて、かといって、早く行って並んだり目についたお店にフラリと入ったりする私たちでもなく(←)、たまたま予約が取れたこちらに伺いました。


ザ・ロビーラウンジ
ザ・リッツ・カールトン大阪  
大阪市 北区梅田2-5-25
tel: 06-6343-7000


リッツのロビーラウンジは好きで結構利用する方ですが、昼下がりのお茶やディナー後のワンショットといったことが多く、こんなふうにランチするのは2回目くらいでしょうか。

いただいたのは「ビストロノミーランチ」というコース。
前菜・スープ・メイン・パン・デザート&飲物 
プラス 乾杯スパークリングワインつき(←ここ大事!)
ちょうどピアノとヴァイオリンの生演奏中で、素敵な音楽とともにおいしいランチを堪能しました。


image2 (6).jpg

鴨のサラダ リンゴと蜂蜜のビネグレット


image1 (2).jpg

白いんげん豆のスープ 海老入り ローズマリーオイル


image2 (2).jpg

メインはお魚(サーモン)かお肉のチョイスでこちらを
ビーフサーロイン グリルベジタブル 黒胡椒ソース


image2.jpg

そしてデザート
ホットワッフル バニラアイスクリームとチョコレートソース


キリリとおいしいスパークリングワインの乾杯に始まって、比較的あっさり目のランチでボリューミー過ぎず、パンも食後のコーヒーもおいしくて満足。
生演奏はクラシックばかりでなく、日本のなつかしい曲も聴けたり。
サービスや行き届いているし静かで落ち着いているし、やっぱりホテルはいいなぁと再認識。
何より、久しぶりにファザコンサリーちゃんとゆっくりお話できたのがイチバン楽しかったです。
いつもありがとー!



ゆったりし過ぎて開演時間迫ってちょっとだけ焦りました のごくらく地獄度 (total 2063 vs 2067 )

posted by スキップ at 22:04| Comment(2) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

モンブランならぬ「あんです」 @京都祇園あのん本店


image2 (5).jpg

本日は南座で「NARUTO」観劇(楽しかった!)の前に祇園で甘味補給。
時間的にあまり遠くへは行けなかったので、南座に近いこちらへ。


京都祇園 あのん本店
京都市東山区清本町368-2
tel: 075-551-8205


四条通りから祇園切通しを北に入ってほどなくの場所にあります。
あんこをつかった和モダンなスイーツのお店で、京町家を改装したこちらの本店にだけカフェが併設されています。

看板メニューの「あんぽーね」をはじめ、おはぎやあんえくれやあんまかろんやあんたるとや、おぜんざいもパフェもかき氷も、どれもおいしそう(というかどれも食べてみたい)で迷いに迷った末、好きなお菓子2品と飲物が選べるドリンクセットをいただきました。


ひとつは、以前インスタで見かけて興味シンシンだった「あんです」
モンブランならぬアンデス山脈をイメージしたケーキです。
北海道十勝産小豆の粒あんと生クリームをを包んでいるのは、栗ではんく白あん。
振りかかっているのは小山園の抹茶です。

image1 (11).jpg

これ、食べかけの断面


お菓子もうひとつはやっぱりコレ、外せないでしょということで「あんぽーね」
こちらも十勝産小豆のつぶあんとマスカルポーネチーズをつかったクリームを自分でサンドする最中。
あんは今の季節限定の抹茶あんをチョイス。
マスカルポーネのクリームがとてもおいしくて、最中の皮は香ばしくてパリパリ。

プレートに粉砂糖で描かれたあじさいも季節感たっぷり。
その上にあるのはひと口サイズのバニラアイスクリーム。
想像していたより小ぶりでしたので、お抹茶ととともにあっさり2つ(+アイス)完食。
おいしかったです。



でもやっぱりあんこ系2つはいつまでも口が甘くてスタバでドリップコーヒー飲みましたとさ の地獄度 (total 2062 vs 2066 )

posted by スキップ at 23:44| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

まるふじプレート @MARUFUJI CAFE


image1 (2).jpg

時間に少し余裕がある日のランチはカフェごはんがマイブームなのですが、
昨日はこちらへ。


MARUFUJI CAFE
大阪市天王寺区悲田院町8-11
tel:06-6773-0822


JR天王寺駅北口から歩いて3分くらいのところ。
「裏天王寺」と言われるエリアにあります。
「まるふじだんご」や「米粉と豆乳のパンケーキ 」など和スイーツがお得意のカフェです。


ランチメニューの中から「まるふじプレート」をいただきました(冒頭の画像)。
5種類のおかず、2種類のお漬物、サラダに10種類の雑穀を使ったご飯、お味噌汁、みたらし団子がセットになっていて、選べるドリンクつき。

おかずはココットサイズですがお野菜が多くてヘルシー。
真ん中の目玉焼きの下も野菜たっぷりのサラダです。


image1.jpg

ドリンクはMARUFUJIオリジナル 高級深蒸し煎茶をチョイス。
これがオドロキのおいしさでして。
こんなにおいしいお煎茶久しぶり~と、二煎め、三煎めといただきました。
みたらし団子とまたよく合うのよ。
これ全部で900円はコスパ抜群でしょう。



image1 (4).jpg



次回はお団子もパンケーキも食べてみたい← のごくらく地獄度 (total 2062 vs 2065 )



posted by スキップ at 22:38| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

たまるり最高か 月組 「夢現無双/クルンテープ」千秋楽ライブ中継


mugenlv.jpg月組 東京宝塚劇場千秋楽は、美弥るりかさんのラストデイでもあり、劇場には行けないまでも「ライビュ絶対観に行くわよ」と鼻息荒く早くからスケジュール帳に記入してチケット取って首尾よく観て参りました。

何とも心に残るカーテンコール。
観られてよかったです。


宝塚歌劇月組 東京宝塚劇場公演千秋楽 ライブ中継
「夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-/
クルンテープ 天使の都」


2019年6月9日(日) 3:30pm 
大阪ステーションシティシネマ スクリーン4
(上映時間: 4時間30分-サヨナラショー、カーテンコール含む/休憩 30分)



本編のお芝居&ショーの感想は宝塚大劇場で観た時に書きましたので、出演者ともどもこちらに。
「夢現無双」
「クルンテープ」


東京公演は月城かなとさん休演に伴う代役がありましたので、その印象を少し残しておきたいと思います。

「夢現無双」
月城かなとさんが演じた本位田又八を風間柚乃さん、風間さんの辻風黄平(宍戸梅軒)を蘭世惠翔さんという代役。

風間さん、前作「エリザベート」のルキーニに続いて大役の代役。
演技も歌もまだ研6(100期)とは思えぬ安定感。
元々少し小柄な上に大きな長身の珠城さんと並ぶといささか分が悪い感じですが、又八が武蔵に抱く屈折した思いも出ていて感心しました。

宍戸梅軒は誰がよくわからなくて、休憩中に調べて蘭世惠翔さんだとわかってびっくり。
少年っぽい可愛らしいイメージでしたが、荒々しい宍戸梅軒、よくがんばっていました(←どんな上から目線)。


続きがあります
posted by スキップ at 23:36| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする