2019年05月30日

1+1は2であると言えること 「良い子はみんなご褒美がもらえる」


yoiko.jpg反体制分子は精神的に狂っているのだから病院で治療するか抹殺するしかないという社会。

「自分自身に正直に生きるということは 1+1は2 であると言えることだ」というアレクサンドルの言葉が胸に響きます。


俳優とオーケストラのための戯曲
「良い子はみんなご褒美がもらえる」
作: トム・ストッパード
作曲: アンドレ・プレヴィン
翻訳: 常田景子
演出: ウィル・タケット
指揮: ヤニック・パジェ
出演: 堤真一  橋本良亮  小手伸也  シム・ウンギョン  外山誠二  斉藤由貴
川合ロン  鈴木奈菜  田中美甫  中西彩加  中林舞  松尾望  宮河愛一郎

2019年5月11日(土) 5:00pm フェスティバルホール 1階2列センター
(上演時間: 1時間15分)



舞台上手下手に二階建てのパイプセット。
中央に4段ほどの階段が設えられ、その向こうに指揮者と35人のオーケストラ。
6人のアンサンブルが民衆だったり体制側の軍人だったり、シーンによって変わる役割をダンスで表現する抽象的な舞台。

トム・ストッパードさんの作品は何作か観たことありますが、真っ先に浮かぶのは「アルカディア」
あの難解だけど繊細な世界観が好きだったのでこの作品も楽しみにしていたのですが、さらに難解だったなー。


舞台は1970年代のとある独裁国家(ソビエトと思われる)の精神病院の一室。
体制への誹謗罪で捕えられた政治犯 アレクサンドル・イワノフ(堤真一)と、自分はオーケストラを連れているという妄想に囚われた男 アレクサンドル・イワノフ(橋本良亮)が同室になります。
この2人に、バイオリン奏者でもある医師(小手伸也)、アレクサンドルの息子サーシャ(シム・ウンギョン)と教師(斉藤由貴)がからんで物語は進みます。信念を貫くためにハンストをして抵抗するアレクサンドルに手を焼いた大佐(外山誠二)は・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 21:15| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする