2019年05月26日

JUST BE WHO YOU WANT TO BE 「キンキーブーツ」


kinkyboots.jpg

「他人をありのまま受け入れて」
「誰に?いつから?」
「やってみて。いつでも、誰にでもよ」

ドンとローラの会話に込められたこの作品のメッセージ。

他人をありのまま受け入れるということは自分自身もありのまま受け入れるということ。
JUST BE WHO YOU WANT TO BE


ブロードウェイミュージカル 「キンキーブーツ」  Kinky Boots
脚本・歌詞: ハーヴェイ・ファイアスタイン
音楽・作詞: シンディ・ローパー
演出・振付: ジェリー・ミッチェル
日本版演出協力・上演台本: 岸谷五朗
訳詞: 森雪之丞
出演: 小池徹平  三浦春馬  ソニン  玉置成実  勝矢  ひのあらた  
飯野めぐみ  白木美貴子  施鐘泰  森川次朗  佐久間雄生 ほか

2019年5月22日(木) 2:00pm オリックス劇場 1階14列センター
(上演時間: 2時間25分/休憩 25分)



物語: イギリス ノーザンプトンで代々続く靴工場 Price & Sonの息子チャーリー(小池徹平)は父の急死で工場を継ぎますが、大手取引先からの契約解除で工場は経営難。そんな時、ロンドンでドラァグクイーンのローラ(三浦春馬)と出会います。ローラたちがショーで男性の体重を支えるようにできていないブーツを履いて踊っていることからインスピレーションを得て、工場をドラァグクイーンのブーツ専門工場として再生させる過程でチャーリー自身も自分と異なる者たちや自分自身も受け容れる軌跡が描かれます。


2013年にブロードウェイで初演されたミュージカル。
2016年日本初演。
その時もチケットを取ろうとしていたのですがどうしてもスケジュールが合わず断念。開幕するととても評判がよくてやっぱり観ればよかったぁと後悔したものです。
3年を経て同じキャストで再演ということで、とても楽しみにしていました。
実際に観て、そりゃこれ評判いいはずだワ、となりました。


楽しい!
ダンスも歌もたっぷり。
シリアスな場面もありながら、センスよくショーアップされた舞台。
歌詞もメロディも挑戦的で魅力的なシンディ・ローパーの楽曲。
華やかでパンチ効いていて彩鮮やかな衣装。
華やかなドラァグクイーン、ひたむきな靴工場の従業員。
もちろん役者さんたちすばらしい。


実話に基づいた作品ということですが、物語しては奇をてらったところはなくて、出会い→同調→葛藤→決別→和解&ハッピーエンドという流れで、こうなるんだろうなというふうに進みます。
チャーリーとローラの友情、二人それぞれが抱える父親への葛藤、そして社会的マイノリティ(と思われている人たち)と周囲の問題を扱っていてメッセージも込められているのですが、押しつけがましさも説教臭くもありません。
シリアスなシーンも華やかなショーも、場面場面が歌やダンスで彩られてショーアップされ、盛り上がったり心に染みたり。


続きがあります
posted by スキップ at 21:37| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする