2019年05月22日

溢れ出す情熱を君に 星組 「ESTRELLAS」


image1.jpg

私が観たのは5月6日でしたが、前日から「鎌足」が開幕していて、梅田芸術劇場で全国ツアー公演、地下のシアター・ドラマシティで「鎌足」と同じ建物の上下で星組のトップ 紅ゆずるさんと二番手 礼真琴さんが主演公演上演・・・これ、最初で最後だなぁと感慨深かったです。


宝塚歌劇星組 全国ツアー公演
スーパー・レビュー 「ESTRELLAS (エストレージャス) ~星たち~」
作・演出: 中村暁
出演: 礼真琴  音波みのり  万里柚美  白妙なつ  大輝真琴  漣レイラ  
紫藤りゅう  朝水りょう  小桜ほのか  桜庭舞  極美慎/愛月ひかる ほか

2019年5月6日(月) 4:30pm 梅田芸術劇場 2階1列センター
(上演時間: 55分)

「アルジェの男」の感想はこちら


今年の1月~2月 大劇場で上演されたショーで、歌にダンスに礼真琴さんほぼ出ずっぱりで大活躍。
その時点bでこのショーが全ツの演目と発表されていたのですが、「主演の紅さんのところに礼さんが入ると礼さんポジションは誰ができるの?と心配にもなります」と当時の感想にも書いていました(こちら)。


紅→礼 とそのままそっくり入れ替えるのではなく、いくつかの場面は礼真琴さんのまま残して、紅さんのポジションに愛月さんが入ったり、とフレキシブルな対応で改編によるストレスフリーの楽しいショーに仕上がっていました。
さすが中村暁先生、わかってらっしゃる。

中でも「Back!」
大劇場公演の時から大好きなシーンですが、最初にバーァン!と跳ぶところで、「あんなに高くジャンプしてたっけ?」とオドロキ。目にとまらぬ速さの振りで怒涛のダンスの連続で、それなのに全く息ぎれもせずいい声で歌う礼真琴さんすごいとしか言いようがありません。周りの流星たちも今回6名で少数精鋭となり、みんなダンス巧者で全体のレベル感高騰ぶりハンパなく。この場面永久に観ていたいくらいです。

いやしかし、Back!からの愛月ひかるさんのHot Stuff、紫藤りゅうさんのSunnyはさんで、リベルタンゴもチャンピオーネもラップもって、ほんと、礼真琴さん踊りまくり歌いまくり。あんなに激しいダンスしながら歌っても息切れひとつしない・・・どころかずっとイケボで響き渡る歌声。素晴らしいのひと言。


続きがあります
posted by スキップ at 22:34| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする