2019年05月19日

俺はジュリアン 星組 「アルジェの男」


arje2019.jpg星組次期トップスター 礼真琴さん。
令和最初のトップスター。
お披露目は宝塚初演のフレンチミュージカルで新劇場のこけら落としシリーズ。
そして、宝塚歌劇令和初の全国ツアー公演主演。

劇団の期待の大きさ 、チカラの入れようもさることながら、ご本人の強運も際立ちます。


宝塚歌劇星組 全国ツアー公演
ミュージカル・ロマン  「アルジェの男」
作: 柴田侑宏
演出: 大野拓史
出演: 礼真琴  音波みのり  万里柚美  白妙なつ  
大輝真琴  漣レイラ  紫藤りゅう  朝水りょう  
小桜ほのか  桜庭舞  極美慎/愛月ひかる ほか

2019年5月6日(月) 4:30pm 梅田芸術劇場 2階1列センター
(上演時間: 1時間30分)



柴田侑宏先生のオリジナル名作のひとつ。
スタンダールの「赤と黒」をベースにして、第2次世界大戦前のフランス領アルジェリアの首都アルジェとパリを舞台に、野望に満ち、自分に心を寄せる女性を利用して成功への道を駈け上がろうとする青年ジュリアンと、その彼に心惹かれ、悲しい運命を辿ることになる三人の女性たちを描いた作品。
1974年に鳳蘭主演、1983年に峰さを理主演、2011年には霧矢大夢主演で上演された作品で、私は2011年月組版だけ観ています(こちら)が、今回は演出を初演の星組版に戻しての上演だそうです。


不良仲間のジャック(愛月ひかる)と賭けをして、総督(朝水りょう)の財布をすろうとしたジュリアン(礼真琴)が、総督に見込まれて運転手として雇われ、やがてパリに同行して秘書官となります。反発しつつもジュリアンに惹かれる総督の娘エリザベート(桜庭舞)、社交界の実力者 ・シャルドンヌ公爵夫人(万里柚美)のめいで盲目のアナ・ベル(小桜ほのか)などがジュリアンの周りを取り巻きますが、彼を追ってサビーヌ(音波みのり)もアルジェからパリへ出て踊り子となっていました。出世の階段を上るジュリアンの前にジャックが現れ・・・。


いや~、やっぱり名作。
暗いアルジェの街と華やかなパリ・・・そこにジュリアンの人生を重ねて対比させていく構成。言葉が練られた台詞が耳に心地よくて、楽曲も素敵だし、サビーヌやエリザベートのクラシカルな衣装もかわいい。
結末を知っているので観ていても切なさが募るのですが、ずっと惹き込まれて観ました。
礼真琴さんのジュリアンがすばらしいのはもちろん、ジャックの愛月ひかるさんのクズ男ぶりがとてもよくて、初めて観る2人の組合せが新鮮でした。


続きがあります
posted by スキップ at 14:43| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする