2019年05月17日

与志古こそわが志 星組 「鎌足」


kamatari.jpgこの公演の情報が公開された時、「トップコンビが全ツではなく別箱ということは・・・」とかなりザワつきましたが、予想通り後日、紅ゆずるさん、綺咲愛里さんの退団が発表され、プレお披露目ならぬプレ退団公演となりました。
日舞の藤間流ご宗家 藤間勘十郎さんが初めて宝塚の振付に入られたことでも歌舞伎ファンの間で話題となった公演です。


宝塚歌劇 星組公演
楽劇(ミュージカル)
「鎌足 −夢のまほろば、大和し美し−」
作・演出: 生田大和
出演: 紅ゆずる  綺咲愛里  瀬央ゆりあ  美稀千種  
如月蓮  天寿光希  輝咲玲央  麻央侑希  ひろ香祐  
有沙瞳  星蘭ひとみ/一樹千尋  華形ひかる ほか

2019年5月9日(木) 4:30pm シアター・ドラマシティ 16列上手
(上演時間: 2時間45分/休憩 30分)



「大化の改新」の立役者として歴史上有名な中臣鎌足。
鎌足と蘇我鞍作(のちの入鹿)との友情と葛藤、そして後に妻となる幼なじみの車持与志古娘との愛を軸に、史実とフィクションを織り交ぜて描く物語。

僧・旻法師(一樹千尋)の学塾で、神祇官である中臣の子であるため学友たちから蔑まれていた鎌足(紅ゆずる)を鞍作(華形ひかる)がかばったことから、2人は互いの才を認め合う親友となり、よりよい大和の国づくりを夢見て語り合います。時の天皇 舒明帝が亡くなり、妻の皇極帝(有沙瞳)が皇位を継承、鞍作は父 蘇我蝦夷(輝咲玲央)から大臣(おおみかみ)の位を継いで名を入鹿と改めます。自分は傀儡(くぐつ)だと苦悩する皇極帝に心を寄せた入鹿は、皇極帝を守るためにかつての理想を忘れたかのような粛清に走ります。これを憂い、入鹿に絶望した鎌足は、皇極帝の子 中大兄皇子(瀬央ゆりあ)とともに入鹿暗殺を謀ります・・・。


一幕と二幕で趣きの異なった芝居になりましたが、大化の改新までを描く一幕がよかったです。
ともに学び、同じ志を持って夢を語り合った若者たちが大人になり、それぞれの事情から立場を異にして道を分かつ、というのはよくある話ですが、それが蘇我入鹿と中臣鎌足という、歴史上有名な二人の対立の背景に・・・というところが上手いなぁと思いました。
キラキラ輝く瞳でこの腐敗した大和をともに変えようと語り合い、与志古娘(綺咲愛里)も交えて肩を組んで、♪こころざし~ こころざし~と歌った3人が・・・。


鞍作こと蘇我入鹿を演じた華形ひかるさんがとてもよくて、一幕は入鹿が主人公のよう。
いかにも理知的で、大臣家の子息らしい品と華やかさを兼ね備えた入鹿像。
蘇我入鹿といえば文楽や歌舞伎の「妹背山婦女庭訓」でも権謀術数に長けた暴君というイメージですが、そうなっていった要因が描かれていて(フィクションだけど)、ちょっと私の入鹿を見る目も変わったな。


続きがあります
posted by スキップ at 22:55| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする