2019年05月15日

数多の夢 瑠璃色の伝説となり 月組 「クルンテープ」


image1 (11).jpg

続いてショーです。
美園さくらさんを迎えた新しいトップコンビのお披露目と、美弥るりかさんのサヨナラ。
幸福感と寂しさとが場面場面を彩っていました。


宝塚歌劇 月組公演
レビュー・エキゾチカ  「クルンテープ 天使の都」
作・演出: 藤井大介
出演者は「夢現無双」(こちら)と同じ

2019年3月23日(土) 11:00am 宝塚大劇場 1階23列上手/
4月4日(木) 11:00am 1階19列下手/4月11日(木) 11:00am 1階5列センター
(上演時間: 55分)



「クルンテープ」はタイの首都。タイの人々は敬愛を込めてこの街を「天使の都」と呼ぶのだとか。そんなタイをテーマにしたエキゾチックレビュー。
開幕してから2曲も楽曲が差し替えられたり僧侶の衣装が変更されるなどえバタバタした感じでしたが、煌びやかで衣装も豪華で楽しいショーでした。

僧衣を纏った僧たちが登場して、少年デプチャイ(蘭世惠翔)がドラを鳴らしてショーがスタートするオープニングからエキゾチックムードたっぷり。
蘭世惠翔さん、折々に登場して目立っていました。少年っぽい雰囲気がよくお似合い。やはり明日海りおさんに面ざしが似ていますね。


プロローグでみんなが歌い継ぐ主題歌の歌詞が
「千の星に飛び交う 蝶のように」 (暁千星)
「満天の星が 月の城へと誘う」  (月城かなと)
といった具合に歌う人の名前が織り込まれているのですが、
美弥るりかさんが 
♪美しすぎた 幻のような 数多の夢 瑠璃色の伝説となり この地に眠る 
と歌った時にはウルウル。藤井大介、やってくれるゼ。

3/23に観た時、横通路から2列目の席だったのですが、プロローグの客席降りで目の前に来た綺麗な男役さんが近すぎて誰かわからず(笑)、少し離れて見て「れいこちゃんやん!」となった訳ですが、月城さん、ちゃんと戻ってきてくれて、2列目の私たちにまで手をのばしてハイタッチしてくれました


続きがあります
posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする