2019年05月14日

ダイジェスト版 宮本武蔵 月組 「夢現無双」


mugenmuso.jpgレポの順番が逆になってしまいましたが、宙組の前に月組公演も観ました。

新トップ娘役 美園さくらさんのお披露目とともに、絶大な人気を誇る二番手 美弥るりかさんのサヨナラ公演となりました。


宝塚歌劇 月組公演
グランステージ  「夢現無双」 
-吉川英治原作「宮本武蔵」より-
脚本・演出: 齋藤吉正
出演: 珠城りょう  美園さくら  美弥るりか  
光月るう  夏月都  紫門ゆりや  白雪さち花  
千海華蘭  輝月ゆうま  晴音アキ  月城かなと  夢奈瑠音  叶羽時  
蓮つかさ  海乃美月  暁千星  風間柚乃  天紫珠李  結愛かれん ほか

2019年3月23日(土) 11:00am 宝塚大劇場 1階23列上手/
4月4日(木) 11:00am 1階19列下手/4月11日(木) 11:00am 1階5列センター
(上演時間: 1時間35分)



吉川英治さんのベストセラー小説が原作。
子どもの頃から剣の腕が立つ暴れん坊だった作州宮本村の郷士・新免武蔵(珠城りょう)が僧・沢庵(光月るう)の教えに導かれ、名を宮本武蔵と改めて剣の道を極めるため剣術と心身修行の旅に出て、様々な人々と出会い、悩み苦しみながら成長し、やがて宿命のライバル 佐々木小次郎(美弥るりか)と巌流島で決闘を果たすまでを描きます。


ダイジェスト感満載の作品でした。
関ヶ原の戦い、朱実母娘との出会い、沢庵和尚の教え、吉岡清十郎とのいきさつ、吉岡一門との一乗寺下り松の決闘、本阿弥光悦と吉野太夫との触れ合い、柳生石舟斎宗厳の教え、そして佐々木小次郎、さらには本位田又八の逸話もオン・・・原作は8巻から成る長編小説で、大河ドラマで1年かけてやるような作品を1時間35分で上演するのに、すべてのエピソードを盛り込もうとして、総花的で平板になってしまった印象。どれも同じ比重でさらさら流れていく感じ。そして最後の巌流島があっけない・・・もう少しどこかにポイント置いて緩急つけた脚本にできなかったのかなぁと思います。せっかくの「宮本武蔵」なのにもったいない。


image1 (12).jpg


続きがあります
posted by スキップ at 23:17| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする