2019年05月03日

令和エンタメはじめは神田松之丞さんの講談


miraimatsuri.jpg  otomatsuri.jpg

令和最初のエンタメは私にとって人生初体験の講談。
今、絶大な人気で講談会のチケットは即完という神田松之丞さん。
テレビでちらっと見たことはあるのですが、一度ナマで聴いてみたいと興味を持っていました。

南座新開場記念の京都ミライマツリにお出ましということで、ダメもとで申し込んだら運よく当選。
初体験の講談は南座で、神田松之丞さんの語りをたっぷり三題楽しませていただきました。


南座新開場記念
京都ミライマツリ2019  音マツリ
「神田松之丞 講談会 in 南座」

2019年5月3日(金) 11:00am 京都南座 1階6列センター
(上演時間: 3時間15分/幕間 30分・15分)


演目
一、 源平盛衰記より扇の的 (30分)
二、 怪談乳房榎(1時間)
三、 中村仲蔵 (1時間)


はじめての講談でついていけるかな?と思っていたのですが、配られたプログラムを見て、どれも知っているお話でしたのでひと安心・・・というか一層期待高まる


開演すると松之丞さん、花道からご登場。
客席からはわ~っという歓声と盛大な拍手。
花道七三で立ち止まって振り向き、二階三階へも手を振っていらっしゃいました。

幕が開くと、緋毛氈で富士山のような形に高い台がつくられ、その上に釈台。
背景は松羽目です。
二演目目からは緋毛氈ではなく濃いグレーの台に背景は金の扇でした。

ご挨拶の後、このたびの真打昇進と伯山襲名をご報告。
師匠である神田松鯉さんから「松之丞」という名前をいただいた時のエピソードから伯山襲名に至るまでのお話をおもしろおかしく語ってくださいました。
お話がうまいのはもちろん、ちょっと上から目線?な客席いじりも絶妙で、ゲラゲラ笑いながらなるほど人気があるはずだなと納得。何と言っても勢いがあります。



image1 (4).jpg


続きがあります
posted by スキップ at 23:29| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする