2019年04月29日

LIFE IS LIKE A TRAIN  雪組 「20世紀号に乗って」


20thcentury.jpg3月の上京は歌舞伎座昼夜で精一杯でこの公演までは余裕ないワ、と当初は観る予定ではなく、友人にチケット取ってあげたりしていました(5列なんて良席引き当てた)。
ところが開幕するととても評判がよくおもしろそうで、「やっぱ観ればよかったかな」と思っていたところへご縁があってお誘いいただき、それがたまたま東京にいる日ということで、予定変更してホイホイ喜んで観に行ってきました。


宝塚歌劇 雪組公演
ブロードウェイ・ミュージカル  
「20世紀号に乗って」  ON THE TWENTIETH CENTURY
Book and Lyrics by Adolph Green and Betty Comden
Music by Cy Coleman
Based on a play by Ben Hecht and Charles McArthur and also a play by Bruce Milholland
潤色・演出: 原田諒
出演: 望海風斗  真彩希帆  彩風咲奈  彩凪翔  真那春人  朝美絢  
朝月希和  橘幸  諏訪さき  眞ノ宮るい  星加梨杏  縣千/京三紗 ほか

2019年3月27日(水) 2:00pm 東急シアターオーブ 1階10列センター
(上演時間: 3時間/休憩 30分)



物語: 舞台演出家兼プロデューサーのオスカー・ジャフィ(望海風斗)はヒット作に恵まれず借金を抱えた状況を起死回生するべく、自分が見出してスターに育て上げたかつての恋人リリー・ガーランド(真彩希帆)に新作への出演を依頼するため、彼女が乗車する高級列車「特急20世紀号」の隣の客室に部下のオリバー(真那春人)、オーエン(朝美絢)乗り込みました。恋人のブルース(彩風咲奈)を伴っているリリーは今ではオスカーを嫌悪していて頑として出演を拒否します。そんな折、同じ列車に乗る老婦人レティシア(京三紗)がオスカーの芝居のスポンサーに名乗り出たのです・・・。

1978年にブロードウェイで初演されトニー賞5部門を獲得したミュージカル。
シカゴからニューヨークまで、16時間の特急列車内を舞台にしたドタバタコメディ。
いかにもブロードウェイ、いかにもアメリカな陽気で明るく楽しい舞台でした。


image2.jpg


続きがあります
posted by スキップ at 23:02| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする