2019年04月06日

翼の生えた獅子の背に乗れば 花組 「CASANOVA」


casanova.jpg18世紀 イタリアのヴェネツィアに実在した稀代のプレイボーイ ジャコモ・カサノヴァ。
そのカサノヴァを主人公に「人生には、恋と冒険が必要だ」と、生田大和先生のオリジナル・ストーリーで描く祝祭喜歌劇。

1本立てで、「太陽王」や「1789」「アーサー王伝説」などを手がけたドーヴ・アチアさん全曲書き下ろしの楽曲、指揮は塩田明弘さんと、力の入った公演です。
花組トップ娘役 仙名彩世さんはじめ花野じゅりあさん、桜咲彩花さん・・・花組が誇る美しい花たちのサヨナラ公演ともなりました。


宝塚歌劇花組公演
祝祭喜歌劇 「CASANOVA」
作・演出: 生田大和  
作曲: ドーヴ・アチア
装置: 二村周作
出演: 明日海りお  仙名彩世  柚香光  高翔みず希  
花野じゅりあ  瀬戸かずや  鳳月杏  桜咲彩花  
水美舞斗  城妃美伶  音くり寿  華優希  舞空瞳/夏美よう ほか

2019年2月14日(木)11:00am 宝塚大劇場 1階26列下手/
2月28日(木) 11:00am 1階13列センター



物語: 数々の女性と浮名を流したカサノヴァ(明日海りお)はヴェネツィアの風紀を乱した罪で異端審問にかけられ有罪となって鉛屋根のブロン監獄に投獄されますが、同室となった神父のバルビ(水美舞斗)とともに脱獄。折からのカーニバルの喧騒にまぎれて逃亡しようとしますが、その最中、ベアトリーチェ(仙名彩世)という女性と出会います。彼女はヴェネツィア総督(高翔みず希)の姪で、修道院での行儀見習いを終え、総督の娘としてヴェネツィサに迎えられていました・・・。


どんな女性にもモテモテの色男で、自由を愛して、何とかなるさ~と楽天的な(実際いつも何とかなってきた)カサノヴァと、修道院育ちで世間知らずのお嬢様ながら積極的で行動力があってしなやかに強いベトリーチェ。
この二人に加えて、
カサノヴァに敵対心を燃やし、ヴェネチアをわが物にしようと画策する審問官コンデュルメル(柚香光)と、黒魔術に傾倒する夫人(鳳月杏)
ベアトリーチェの婚約者の富豪コンスタンティーノ(瀬戸かずや)とコンデュルメルの元愛人で今はカサノヴァの愛人の一人ゾルチ夫人(花野じゅりあ)
という3組のカップルが織りなす恋模様。
こういうふうになるんだろうな、と思う通りに物語は進みます。

驚きとか感動はないけれど、「祝祭喜歌劇」という名のとおり、明るく華やかで楽しくて、最後は誰も不幸にならないハッピーエンド。観ていて幸せになる舞台でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:05| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

やーっと桜


image1 (17).jpg

3月31日 夙川ランチ、4月1日 ホテルニューオータニ SAKURAでランチ(大阪城公園)、そして昨日は奈良にドライブ&ランチと、桜の季節に照準合わせて日程組んだのですが(私が計画したのではないが💦)、関西は今年は桜の開花が遅く、ここ数日気温も低い日が続いていて、いずれも二分咲きといったところで残念ながら満開の桜は見ることができないでいました。

が、今日でかけた宝塚で、やーっと綺麗な桜に出会えました。
宝塚の観劇は桜が満開の日を予想して・・という訳ではありませんので、今日はラッキーでした。

冒頭の画像は花のみちで桜の季節の私の定番撮影スポット
デュエットダンス像です。
この像に降りかかるような桜の光景が大好き。



image1 (18).jpg

花のみちの入口
時間の関係で逆光になっていますが、この桜のトンネルをくぐるの、
いつもテンションあがります。



image1 (16).jpg

まだつぼみがチラホラあって、八分から九分咲きといったところかしら。
お天気もよくて、青空に桜色が映えていました。



やーっと桜 と思ったらすぐ散っちゃうのよね~ のごくらく地獄度 (total 2036 vs 2037 )


posted by スキップ at 23:28| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

ボーヌのフレンチ le benaton


image1 (15).jpg

毎年桜のころにお花見がてら芦屋や夙川でランチしている私たち3人娘←
今年も無事集まることができました。
日曜日(3/31)はとても寒くて例年なら満開のはずの桜もまだ2分咲きといったところで残念でしたが、ランチはとてもおいしく楽しく、久しぶりのおしゃべりもたっぷりで素敵な1日になりました。
伺ったのはこちら。

le benaton (ル ベナトン)
西宮市寿町4-12
tel: 0798-37-2655

阪急電車 夙川駅から歩いて5分くらい。
山手幹線沿いの閑静な住宅地にあります。

le benaton という店名はオーナーシェフの高谷慶さんが修業された、フランス・ブルゴーニュの食の都と言われるボーヌの星付きレストランの名前で、2008年に生まれ故郷の夙川にお店をオープンするにあたり、その名前を引き継がれたのだそうです。

アミューズ・前菜・スープ・メイン・デザート・パン・コーヒー 
というランチコースをいただきました。


image2 (11).jpg

真っ白なクロスにブルーが効いたテーブルセッティング


image2 (10).jpg

アミューズ 新たまねぎのキッシュ
ほんのり甘くてめちゃうま



image1 (14).jpg image2 (8).jpg

最初は泡でカンパイ これお約束  次からは赤ワインをいただきました
大きなワインセラーがありましたが、ワインはブルゴーニュに特化されているのだとか


続きがあります
posted by スキップ at 22:41| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

愛おしい時間  柚希礼音ディナーショー 「REON / GO ON!!」


image2.jpg

柚希礼音さんが1999年に宝塚音楽学校を卒業して初舞台を踏んでから今年で20年。
その芸歴20周年を記念したディナーショー。
ファンへの愛にあふれたプログラムで、まるで夢のような時間を過ごしました。


REON YUZUKI 20th ANNIVERSARY DINNER SHOW
「REON / GO ON!!」
演出: 稲葉太地
出演: 柚希礼音  夢咲ねね  水田航生  南風里名  稀鳥まりや

2019年3月28日(木) ディナー 18:00-/ショー 19:30-21:00
ホテル阪急インターナショナル 「紫苑」


お食事編はこちら


20年の軌跡を振り返る構成なので、宝塚時代の曲が大半を占める訳ですが、トップになってからの曲ばかりで、さすがに全部知っている(・・というか全部歌える)曲揃いでした。
とはいえ、宝塚を卒業して4年を経てのディナーショーなので、もっと“今”寄りのショーになると思いきや、オープニングから男役全開で、「え?これ、4年前に観たディナーショー?」と思えたくらい現役時代そのままのカッコよさと低音ボイス。今すぐ宝塚の舞台に立てそう・・・というより、この4年間の女優としての経験値がプラスされて、より包容力も色気も増して、一層オトコマエなシビれるステージを見せてくれました。

それなのにドレスに着替えての卒業してからの曲は声も歌い方も、表情までもガラリと変わって一気に女優に。
本当に、何て人なんでしょ。


reongoon.jpgセットリスト
1. COPACABANA
2. オーシャンズ11 Remix
3. Celebrity/Are you ready? (Celebrity)
4. 君はどこに (THE SCARLET PIMPERNEL)
5. 蒼穹の彼方 (太王四神記 Ver.Ⅱ)
6. 希望の瞳 (太王四神記 Ver.Ⅱ)
7. 翼なき荒鷲 (眠らない男・ナポレオン)
8. ル・ポァゾン (ル・ポァゾン 愛の媚薬)
9. Étoile de TAKARAZUKA (Étoile de TAKARAZUKA)
10. パッショネイト! (パッショネイト宝塚!)
11. アマール・アマール (ノバ・ボザ・ノバ)
12. 太陽のごとく輝け (太陽王)
13. Da Troppo Tempo (BOLERO)
14. 幸せ (激情)
15. 俺の海 (黒豹の如く)
16. DD Diamond!! (Dear Diamond!!)
17. 愛と青春の旅だち (愛と青春の旅だち)/水田航生・夢咲ねね
18. ZEROTOPIA (ZEROTOPIA)
19. クジラの歌 (バイオハザード)
20. この命の最期に (マタ・ハリ)
21. 道 (REON JACK 3)/映像
22. エメ AIMER (ロミオとジュリエット)
23. 燃え尽きぬ愛 (パッショネイト宝塚!)



好きな曲ばかりで1曲ずつ書いていたらとんでもないことになりそうですので、特に印象的な曲をいくつか。


続きがあります
posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする