2019年04月18日

Ken’s Bar 20th Anniversary Special !! vol.4


kensbar.jpg

会場をバーに見立て、お酒やソフトドリンクとともに店主の歌を楽しむという平井堅さんのコンセプトライブ Ken’s Bar
1998年5月にスタートして昨年20周年を迎えました。

ずーっと行ってみたいと思っていましたがなかなかご縁がなく、やーっと今回初潜入。
今回のツアーは開店20周年スペシャル企画のラストで、この大阪城ホールを皮切りに、三重、徳島とまわって5月22日に東京の日本武道館でファイナルを迎えるというもの。
そのツアー初日でした。


Ken’s Bar 20th Anniversary Special !! vol.4
2019年4月12日(金) 7:00pm 大阪城ホール スタンドCブロック6列
(ライブ時間: 2時間50分/休憩 30分)



いや~、想像以上に楽しかった!!

私はかなり昔から平井堅さんが好きですが、特に積極的に聴きに行くということではなくてCDは1枚も持っていませんし、ライブも今回のKen’s Barが初めてという、とてもライトなファンです(ファンと言えるのか?)。
それでも実際にあの歌声をナマで聴いて、切ない歌詞に涙出そうになったり、達者なMCに笑いころげたり、本当に楽しく、極上の時間を過ごしました。
テーブル席はファンクラブ会員のみの抽選と知って、FC入会を真剣に検討しているくらいです(←)


image2 (5).jpg


セットリスト
Stage Ⅰ
1. half of me
2. 僕の心をつくってよ
3. Affair
4. カムフラージュ
5. 鍵穴
6. すきすきソング
7. 桔梗が丘
8. 瞳をとじて

Stage Ⅱ
9. 哀歌 (エレジー)
10. ガラスの十代
11. 思いがかさなるその前に
12. STAR
13. いてもたっても
14. 告白
15. KISS OF LIFE
16. POP STAR

Encore
17. 魔法って言っていいかな?
18. Love Love Love



続きがあります
posted by スキップ at 23:21| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

三月大歌舞伎 夜の部


moritsuna.jpg三月大歌舞伎 夜の部
2019年3月27日(水) 4:30pm 歌舞伎座 
1階4列センター



一、近江源氏先陣館  盛綱陣屋
出演: 片岡仁左衛門  中村雀右衛門  
中村錦之助  片岡孝太郎  大谷廣太郎  
中村種之助  中村米吉  片岡千之助  
中村勘太郎  寺嶋眞秀  市川猿弥  
中村歌六  片岡秀太郎  市川左團次 ほか
(上演時間: 1時間43分)


大坂の陣で徳川方と豊臣方に分かれて戦った真田信幸・幸村兄弟をモデルにした物語。
佐々木高綱は一子小四郎(勘太郎)を兄の佐々木盛綱(仁左衛門)に生け捕りにされ、無謀な攻撃を仕掛けて討ち死にします。盛綱が主君 北条時政(歌六)の前で首実検すると偽首とわかりますが、小四郎が「とと様」と叫んで自害するのを見て、高綱が子に自害を言い含めて仕組んだ作戦だと見抜きます。盛綱は命を捨てる覚悟を決め、本首だと時政に告げるのでhした・・・。

家のため、忠義のためとはいえ、年端のいかない子どもが犠牲になる話は甚だ苦手・・・という訳であまり好んで観る演目ではありません。小四郎を金太郎(現 染五郎)くんがやった時も、それが理由で思い腰があがらなかった記憶。

が、今回。
理性ある誠実な武将でありながら情にも厚い佐々木盛綱・・・仁左衛門さん すばらしかったです。
姿形の美しさもさることながら、表情豊かな細やかな演技に目を奪われっ放しです。



続きがあります
posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

初参戦! 「柚希礼音写真集 お渡し会」


eternity.jpg柚希礼音さんの芸歴20年を記念した写真集
「柚希礼音写真集 ETERNITY」のお渡し会に行ってきました。

これまでにも二度(2017年・2018年)、新しいアルバム(CD)が出るタイミングでリリースイベントとしてお渡し会が開催されたのですが、いすれも他の予定と重なっていて行けず
今回が初参戦です。


「柚希礼音写真集 ETERNITY」 お渡し会
2019年4月14日(日)15:00 
天王寺ミオ 本館12F ミオホール




image2 (2).jpg

昨日(4/13)東京、今日が大阪でした。
この企画が発表された時、会場が「天王寺MiO」で、「え?!ミオ??ミオでやるの?」と二度見したよね。
天王寺は私の乗り換え駅で、ミオはほぼ毎日の通り道なので、あまりにも日常過ぎて、あそこにちえちゃんが・・という感じでしたが、柚希さんにとっても高校時代によく来られた場所だったのだとか。

元々握手会とかにあまり興味がない・・・というかむしろ苦手な部類ですが、柚希さんとなると、そして天王寺で、となると話は別。張り切って申し込みました。



image1 (14).jpeg

大阪は500名限定で一応抽選でしたが(多分みんな当たっている)、届いた参加券の当選番号は002番でした。
どれだけ張り切って申し込んだか、ということですよ。


続きがあります
posted by スキップ at 23:30| Comment(2) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

三月大歌舞伎 昼の部


kabukiza201903.jpg歌舞伎座の三月大歌舞伎 奇数日になかなか予定が合わず、千穐楽にやっと観劇となりました。


三月大歌舞伎 昼の部
2019年3月27日(水) 11:00am 歌舞伎座 
3階2列下手



一、 女鳴神
龍王ヶ峰岩屋の場
出演: 片岡孝太郎  中村鴈治郎  
市川猿三郎  市川猿四郎 ほか
(上演時間: 1時間3分)


ご存じ「鳴神」の女性版。
松永弾正の娘 鳴神尼(孝太郎)が、父の仇敵である織田信長に恨みを抱き、雨を降らさぬ行法を用いて龍神を滝壺に封じ込めてしまいます。龍王ヶ峰の岩屋に引き籠る鳴神尼のもとへ、美男の雲野絶間之助(鴈治郎)が訪ねて来ると、心奪われた鳴神尼は夫婦固めの盃を交わします。鳴神尼が色香に惑っている隙に絶間之助は行法を破ろうと・・・。

鳴神尼を色香で惑わす雲野絶間之助が鴈治郎さんかぁ~、もうちょっと痩せた色男の方がよいのでは・・・と観る前は思っていたのですが、こう言っては失礼ながら、観ているうちに鴈治郎さんがだんだんカッコよく見えてきて、演目自体もおもしろかったです。

「鳴神」の男女を置き換えて、物語はほぼそのままですが、少し違うところがあって、雲野絶間之助の話を聞くうち、彼は鳴神尼がかつて夫婦の約束をした恋人 登美若丸だということがわかる、という設定・・・と思わせておいて実は織田信長の家臣で、登美若丸とそっくりだったためこの役を担った、やっぱりスナイパーだったという顛末。寝入ってしまった鳴神尼に詫びを言うところがいかにも誠実そうで、鴈治郎さんにぴったりでした。
鳴神尼がぶっ返って憤怒の鬼神となって暴れた時、登場する押し戻し(佐久間玄蕃)が鴈治郎さんの二役で、くっきり演じ分けていらっしゃいました。

onnanarukami.jpg孝太郎さんの鳴神尼は位の高さを感じさせながら女性としての色気も。
このポスターにもなっている隈取りになった姿もめちゃ怒っているのだけど、ムスッとした表情がどことなく可愛くて、「怒ってる、怒ってる」と思わず笑ってしまいました←

女性版なので仕えるお坊さんたちももちろん尼さんで、猿三郎さんが白雲尼、猿四郎さんが黒雲尼という珍しい女形で息のあったコンビぶりが楽しかったです。



続きがあります
posted by スキップ at 23:14| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

やーっと桜 Vol.2


image1 (4).jpg

今年の関西は桜の満開が遅いとぶーたれていましたが、開花しても寒い日が続いた分、例年より長く楽しめるような気がします。

毎年楽しみにしている自宅近くの桜の名所といわれる公園が、昨年の台風で大きな桜の木が何本も折れてしまって伐採されたので今年は少しさびしい春です(それでも十分綺麗だけれど)。

暖かくお天気もよくお花見日和となった先週末、土曜日の観劇前に少し時間ができたので大阪城公園でちょっぴり桜を楽しみました。まぁ、すごい人出だったことですわよ。

冒頭の画像がこの日見たイチバンの桜。
まだつぼみが目立つ木も多い中、この桜は満開でした。




image2.jpg

時間的に逆光になっちゃったけど、いかにも大阪城らしい水のない緑の内堀とのコントラストもいい感じ。



image2 (2).jpg

こんな綺麗なピンクの濃淡を描いたツイン桜も。



image1 (2).jpg

森之宮駅側から入って大阪城公園を通りぬけ、西の丸庭園側の大手門を出たところ。
遠景ですがずっと桜並木が続いていて、とても好きな光景。


明日の大阪は雨の予報。
せっかく満開になった桜が散ってしまわなければよいのですが。



世の中にたえて桜のなかりせば  のごくらく地獄度 (total 2039 vs 2039 )


posted by スキップ at 23:32| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

とっても楽しいバーンスタイン集 「佐渡 裕 音楽の贈りもの ~We love L.B.」


welove.jpg1918年8月に生まれたレナード・バーンスタインは昨年が生誕100周年ということで、世界各地で上演、演奏されてきたバーンスタイン生誕100周年の掉尾を飾る演奏会。

“バーンスタインの最後の愛弟子”といわれる佐渡裕さんが自ら選曲されたバーンスタイン傑作集のコンサートです。


バーンスタイン生誕100年 
佐渡 裕 音楽の贈りもの ~We love L.B.
指揮: 佐渡裕  
管弦楽: 兵庫芸術文化センター管弦楽団
ソプラノ: 小林沙羅  メゾ・ソプラノ: 清水華澄  バリトン: 大山大輔

2019年4月7日(日) 2:00pm 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール 
1階A列センター  (上演時間: 2時間20分/休憩 20分)



オープニングは佐渡さんがお一人で登場されて、開口一番 「今日は朝から芦屋マラソン走ってきたんです。3キロですけどね、娘と。3キロでもなかなかしんどいんですよ」
佐渡さんがマラソンされるとは存じ上げませんでしたが、演奏会の前に3キロ走るなんて、タフだなぁ。

バーンスタインのエピソードやこの日演奏される曲目の紹介などを楽しくお話されて開演です。


Ⅰ.「音楽なんて大嫌い!」-5つの子どもの歌
1. あたしの名前はバーバラ
2. 木製は7つの月を持つの
3. 音楽なんて大嫌い!
4. 大きいインディアンと小さいインディアン
5. あたしだって人間なんだから


この5曲は清水華澄さんの歌と白石准さんのピアノで。

若かりしバーンスタインのルームメイトが、絶えず鳴り響くピアノと歌にうんざりして “I hate music!” (音楽なんて大嫌い!)と叫んだことから着想された曲で歌詞もバーンスタイン作。英語の歌詞で字幕がつくのですが、「音楽は大嫌い、でも歌は好き」というふうに可愛らしい歌詞がついてました。

歌う清水華澄さんがとても表情豊か。
「大きいインディアンと小さいインディアン」の時には「ここでクイズを出します。大きいインディアンと小さいインディアンがいたけど大きいインディアンは小さいインディアンのお父さんじゃないの。じゃあ誰?4小節で答えて」
・・・客席からは4小節目に「お母さん」という声。
「さすがです。答えられなかったら『ボーッと生きてんじゃねぇよ!』と言おうと思ったの」ですってw


続きがあります
posted by スキップ at 22:52| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする