2019年04月30日

大人が書いた大人のためのファンタジー 「十二番目の天使」


jyunibanme.jpg全世界で著作が3600万部以上読まれている作家オグ・マンディーノの代表作を世界初の舞台化。
・・・という情報しか知らず、原作も読んだことがなければ、オグ・マンディーノがどんな作家かも知りませんでした。
一幕終わった幕間に少し調べてみたら、「世界中で最も多くの読者をもつ自己啓発書作家」とあって、「あー、自己啓発ね」となりました。


「十二番目の天使」
原案・原作:オグ・マンディーノ
翻訳: 坂本貢一
劇作・脚本: 笹部博司
演出: 鵜山仁
出演: 井上芳雄  栗山千明  六角精児  
木野花  辻萬長  大西統眞  城野立樹

2019年4月29日(月) 12:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階K列下手  (上演時間: 2時間20分/休憩 20分)



物語: 若くしてビジネスで大きな成功をおさめたジョン・ハーディング(井上)は故郷の英雄として迎えられ、幸せの絶頂の中、突然、妻のサリー(栗山千明)と息子のリック(大西統眞)を交通事故で亡くしてしまいます。
最愛の家族を失い、生きる意味を見い出せなくなって絶望のあまり命を絶とうとするジョンのもとへ、幼馴染のビル(六角精児)が訪ねてきます。ビルは地元のリトルリーグのチーム監督を引き受けてくれるよう、ジョンに頼みに来たのでした。そのチーム“エンジェルス”の監督を引き受けたジョンは、ティモシー(大西統眞二役)という少年と出会います。ティモシーは体が小さく、バッティングも守備も下手でしたが、決してあきらめることなくいつも前向きに練習に励んでいました。そんなティモシーにリックの姿を重ねたジョンは、チームの練習とは別に個人練習をつけることを提案し・・・。

「絶望の淵に立った男に、秘密を抱えた少年が示す生きるための勇気を描いた、愛と再生の物語」
ティモシーの
「僕は、絶対、絶対、絶対、絶対、あきらめない!」
「毎日、毎日、あらゆる面で、僕はどんどん良くなっているんです」
という言葉が繰り返し出てきて、何て説教臭い台詞なんだと思って聴いていましたので、「自己啓発」という言葉にとても合点がいった次第です。


続きがあります
posted by スキップ at 22:58| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

LIFE IS LIKE A TRAIN  雪組 「20世紀号に乗って」


20thcentury.jpg3月の上京は歌舞伎座昼夜で精一杯でこの公演までは余裕ないワ、と当初は観る予定ではなく、友人にチケット取ってあげたりしていました(5列なんて良席引き当てた)。
ところが開幕するととても評判がよくおもしろそうで、「やっぱ観ればよかったかな」と思っていたところへご縁があってお誘いいただき、それがたまたま東京にいる日ということで、予定変更してホイホイ喜んで観に行ってきました。


宝塚歌劇 雪組公演
ブロードウェイ・ミュージカル  
「20世紀号に乗って」  ON THE TWENTIETH CENTURY
Book and Lyrics by Adolph Green and Betty Comden
Music by Cy Coleman
Based on a play by Ben Hecht and Charles McArthur and also a play by Bruce Milholland
潤色・演出: 原田諒
出演: 望海風斗  真彩希帆  彩風咲奈  彩凪翔  真那春人  朝美絢  
朝月希和  橘幸  諏訪さき  眞ノ宮るい  星加梨杏  縣千/京三紗 ほか

2019年3月27日(水) 2:00pm 東急シアターオーブ 1階10列センター
(上演時間: 3時間/休憩 30分)



物語: 舞台演出家兼プロデューサーのオスカー・ジャフィ(望海風斗)はヒット作に恵まれず借金を抱えた状況を起死回生するべく、自分が見出してスターに育て上げたかつての恋人リリー・ガーランド(真彩希帆)に新作への出演を依頼するため、彼女が乗車する高級列車「特急20世紀号」の隣の客室に部下のオリバー(真那春人)、オーエン(朝美絢)乗り込みました。恋人のブルース(彩風咲奈)を伴っているリリーは今ではオスカーを嫌悪していて頑として出演を拒否します。そんな折、同じ列車に乗る老婦人レティシア(京三紗)がオスカーの芝居のスポンサーに名乗り出たのです・・・。

1978年にブロードウェイで初演されトニー賞5部門を獲得したミュージカル。
シカゴからニューヨークまで、16時間の特急列車内を舞台にしたドタバタコメディ。
いかにもブロードウェイ、いかにもアメリカな陽気で明るく楽しい舞台でした。


image2.jpg


続きがあります
posted by スキップ at 23:02| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

松竹大歌舞伎 中央コース


chuocourse.jpg3月31日 埼玉県狭山市民会館から始まった今年の松竹大歌舞伎巡業 中央コース。
19か所を巡って、4月25日 大分で無事千穐楽を迎えられました。おめでとうございます。本当にお疲れさまでした。
私が観た日は「巡業も今日が中日です」とおっしゃっていたのに、月日が流れるのは本当に速い。


平成31年度 全国公立文化施設協会主催
松竹大歌舞伎 中央コース
松本幸四郎改め 二代目松本白鸚襲名披露
市川染五郎改め 十代目松本幸四郎襲名披露
2019年4月13日(土) 5:00pm 浪切ホール 1階6列センター



一、 十代目松本幸四郎 襲名披露 口上
(上演時間: 15分)


上手から、市川高麗蔵さん・澤村宗之助さん・中村梅玉さん・松本白鸚さん・松本幸四郎さん・大谷廣太郎さん・松本錦吾さん という並び。
襲名するご白鸚さんご本人の仕切り。こじんまりしてアットホームは雰囲気でした。

梅玉さんが「幸四郎さんは僕の大好きな後輩でして・・・」とおっしゃるたびに、「あーちゃん大好き」と言ってくださっていたことを思い出して、本当にありがたいことだなぁと胸熱(どんな立ち位置?)。
その梅玉さん、白鸚さんが1,000回以上弁慶を演じられた「勧進帳」では半分以上・・600回くらいでしょうか、で義経や冨樫で共演させていただいております、と。

宗之助さんは幸四郎さんと同い年で公私にわたりお世話になり、昨年はアイスリンクでもご一緒しました。私の方はいろいろありますので割愛させていただきます ですってww


続きがあります
posted by スキップ at 23:40| Comment(2) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

GWスタートは「仔羊を丸ごと喰らう会」



image2 (9).jpg

10連休の初日、以前にも何度か参加したことがある「仔羊を丸ごと喰らう会」に誘っていただきました。
今年の会場は北浜の人気フレンチ トォルトゥーガ。
乳のみ仔羊丸焼きをメインとした萬谷シェフのおまかせコース。
総勢19名でランチ貸切でした。


ラ・トォルトゥーガ (La Tortuga)
大阪市中央区高麗橋1-5-22
tel:06-4706-7524


昨年改装されて1枚板の大テーブルがどーんとなってから伺うのは初めてでした。
グリーンが映えて、開放的な雰囲気。




image1 (12).jpg 
image2 (8).jpg
image1 (4).jpg 

おまかせでメニューもないのでお料理の名前はわかりません。
が、どのお料理もとてもおいしかったです。

最初のお皿はフォアグラの何とかとフレンチトースト風のアンティパスト。
次はかつおのたたきにたけのこ、はまぐり、帆立貝で季節感たっぷり。
そして目にも鮮やかなアスパラと姫路の白鷺サーモン。
こんなおいしいアスパラ食べたの本当に久しぶり。




image2 (6).jpg

そしてどーん
メインの仔羊。
部位に分けてあって説明してくださったのですが、すっかり忘れた。

image2 (2).jpg

お料理されたものがこちら。
乳のみ仔羊で元々やわらかいのでしょうけれど、火入れが絶妙で本当にやわらかくておいしい。
臭みやクセはほとんどなくて、それなのに羊みはしっかり。
お肉にはコンサバで実は羊もそれほど得意ではない私もとてもおいしくいただきまました。


image2.jpg

こんな感じ(^^ゞ



image1 (11).jpg image2 (7).jpg image1.jpg


image1.jpg

酒豪ぞろいなので最初にスパークリングワインで乾杯した後は次々にワインが出てきてボトルが空になるという(笑)。
19人中、知り合いは4人だけでしたが、おしゃべりも弾み、とても楽しいゴールデンウィークのスタートとなりました。



また来年ね~ のごくらく度 (total 2044 vs 2042 )
posted by スキップ at 22:20| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

平城宮跡でいにしえの都に思いを馳せる


image1 (16).jpg

「なず菜」でおいしいランチをいただくのに先立って、当初は若草山ドライブウェイを桜見ながらドライブの予定だったのですが今年は桜が遅くてまだあまり咲いておらず、少し寒い日でしたので予定変更して平城宮跡をぶらり見学しました。
多分、中学校の遠足以来←


冒頭の画像は大極殿。
国家儀式の際に天皇が出御される場所で、平城宮の一番北側にあります。



image2 (4).jpg

大極殿と対面する形(はるか彼方にだけど)で南側に位置する朱雀門。
平城宮の正門です。

この2つの間は歩くと20分以上かかりそう。
もちろん車で移動しましたが、何か?

大極殿と朱雀門との半ばくらいの位置にある南門との間は儀式の際に貴族が整列した広場になっていて、周囲は築地回廊で囲まれていたのが判明しているそうで、これを復原する工事が始まっていて完成は20年後?という遠大な計画。
まー、残念ながら私たちは見るのは無理だなぁと同行者と笑い合いました。

絵で見ると、回廊含めて以前訪れた北京の故宮(=紫禁城)に似ていて、遣唐使が見てきた長安の都をお手本にしたということがリアルに感じられました。



image2 (5).jpg

大極殿のまん中にどーんと構える高御座。
天皇が着座される玉座です。
ホンモノの高御座は、10月の「即位礼正殿の儀」のために昨年、京都御所から皇居へ移送されて話題になりましたね。



image19.jpg

大極殿の内部には、奈良在住の日本画家 上村淳之さん(上村松園さんのお孫さん)が描かれた四神や十二支の絵が壁にずらり。とてもやわらかくて温かみのあるタッチの素敵な絵でした。

四神・・・白虎・玄武・朱雀・青龍とたどると「太王四神記」思い出しました。



image1 (15).jpg

朱雀門ひろばには遣唐使船が復原されていてせんとくんがお出迎え。
「こんな小さな船で中国まで・・」と当時の航海の厳しさにも思いを馳せました。



ちらっと見学した「平城宮いざない館」の展示もおもしろかったな。、
まだまだ知らないこといっぱい のごくらく地獄度 (total 2043 vs 2042 )


posted by スキップ at 22:45| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

秋篠の森 なず菜



image1 (19).jpg

4月のはじめ 奈良在住の友人がドライブがてらランチに案内してくれたレストラン。
とても素敵なお店でした。

秋篠の森 なず菜
奈良市中山町1534
tel: 0742-52-8560 


image1.jpg

奈良の人気カフェ「くるみの木」を手がけた空間コーディネーターの石村由紀子さんが
2004年7月に秋篠寺に近いペンション跡を改装してオープンした「秋篠の森」。
2部屋だけのホテル「ノワ・ラスール」、ギャラリー&ショップ「月草」そして
完全予約制のミシュラン一つ星レストラン「なず菜」から成っています。

秋篠の森へのエントランスも、ランチ前に立ち寄った「月草」も、そして「なず菜」もとても素敵で食事をいただく前からテンション上がります。



image1 (18).jpg

白と木目を基調とした店内、片側一面は大きな窓で明るい陽射しに包まれて、ウッドデッキや緑を眺めながら過ごせます。

大和野菜など奈良の食材をふんだんに使って丁寧につくられたお料理は毎月変わるということで季節感もたっぷり。
一品一品ゆっくり味わうスタイルで本当にのんびりおいしくいただきました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:30| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする