2019年03月21日

自分の葉っぱが全部抜け落ちてしまったような気がしたんだ 「Le Père 父」


lepere.jpg2012年にパリで初演されて以来、世界30ヵ国以上で上演されてきた作品の日本初演。
演出はフランスオリジナル版を手掛けたラディスラス・ショラーさん。日本初演出です。


東京芸術劇場 兵庫県立芸術文化センター共同製作
「Le Père 父」
作: フロリアン・ゼレール 
演出: ラディスラス・ショラー
出演: 橋爪功  若村麻由美  壮一帆  
太田緑ランス  吉見一豊  今井朋彦

2019年3月17日(日) 2:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階M列センター  (上演時間: 1時間50分)



パリのアパルトマンにひとりで暮らす老齢のアンドレ(橋爪功)と、その父を案じる娘のアンヌ(若村麻由美)の物語。
そこにアンヌのパートナー ピエール(今井朋彦)やヘルパーのローラ(太田緑ロランス)などもからんで・・・。


最初にアンドレとアンヌのやり取りがあって、二場目。
ピエール(この場は吉見一豊)がアンドレに「もうアンヌが帰ってくるから」と告げて、「ただいま」と現れたアンヌが若村麻由美さんではなく、壮一帆さんであることにざわめく客席。
その後も場面転換のたびに登場人物が入れ替わったり、部屋の様子が変化したり、どことなくサスペンスの様相。

アンドレがアンヌだと思って話していたのは誰なのか
それは昨日のことなのか遠い昔の記憶なのか
ここはアンドレのアパルトマンなのかアンヌの家なのか
・・・そこで気づきました。
これ、アンドレの視点で描いているんだ、と。

認知症を描いた映画やドラマは数々ありますが、介護する家族や周囲から見た姿を描くものばかりで、この視点は新鮮でした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:39| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする