2019年03月17日

あの子も恋し この子も恋し~ 「唐版 風の又三郎」


matasaburo.jpg matasaburo2.jpg

私が初めて観た唐十郎さんの作品は「ビニールの城」だと記憶しています。
石橋 蓮司さん、緑魔子さんの劇団第七病棟の舞台。若かりし青春時代、思えばずいぶん背伸びをしていたものです。

このブログで感想を書いている唐十郎作品は、
「下谷万年町物語」 (2012)
「盲導犬」 (2013)
「唐版 滝の白糸」 (2013)
の3作。演出はいずれも蜷川幸雄さんです。

好きか嫌いかに分けると嫌いではない。
でもとにかく難解で苦手感アリアリというのが唐作品に対する私のイメージ。
ですから、柚希礼音さんの次の舞台としてこの作品が発表された時、「なんでまたこれに?」という思いが強く、当初は1回でおなかいっぱいと千穐楽のチケットしか取っていませんでした。が、大阪公演開幕直前になって思い直してチケットを追加。
結果的に私の想像を超えておもしろく感動も涙もする舞台で、演出変更前後の2バージョン観られたことも幸いでした。

1974(昭和49)年 唐十郎さんが状況劇場のために書き下ろした作品。
私はもちろん今回初見です。
1回目は事前情報はできるだけ入れず白紙の状態で観て、2回目は私には珍しくプログラムを熟読してからの参戦です。


Bunkamura30周年記念 シアターコクーン・オンレパートリー2019 
「唐版 風の又三郎」
作: 唐十郎
演出: 金守珍
美術・衣装: 宇野亞喜良
出演: 窪田正孝  柚希礼音  北村有起哉  丸山智己  江口のりこ  
石井愃一  山崎銀之丞  金守珍  六平直政  風間杜夫 ほか

2019年3月10日(日) 6:00pm  森ノ宮ピロティホール C列(3列目)上手/
3月13日(水) 7:00pm  C列(2列目)センター
(上演時間: 2時間55分/休憩 10分・15分)


大千穐楽のレポはこちら


儚く美しく切ないピュアラブストーリー。
私にはそう映りました。

二人が出逢ったのは強い北風吹く、代々木月光町の帝国探偵社(テイタン)前。
精神病院から抜け出してきた織部(窪田正孝)は、少年の格好をしたエリカ(柚希礼音)に「君はもしかしたら、風の又三郎さんじゃありませんか?」と声をかけます。
「君はだあれ?」
「僕は・・・読者です!」

続きがあります
posted by スキップ at 22:29| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする