2019年03月15日

無垢なでくのぼう 「イーハトーボの劇列車」


gekiressha.jpg1980年に初演された井上ひさしさんの代表作ともいえる作品。
22歳(大正7年/1918)から35歳までの宮沢賢治の4回の上京を、花巻から上野へ向かう列車の中と東京での光景を切り取って見せる構成で、現世からあちらの世界へ行く列車を待つ人々(農民)が演じる劇中劇という設定です。

2013年に鵜山仁さん演出、井上芳雄さん主演で観ました(感想はこちら)。
長塚圭史さんの演出だとどうなるのかなと楽しみにしていました。
松田龍平くんの舞台を観るの「メカロックオペラ R2C2」(2009)以来、なんと10年ぶり。
あの時はサイボーグの役だったし、人間を演じる龍平くんもこれまた楽しみ。


こまつ座第126回公演 「イーハトーボの劇列車」
作: 井上ひさし
演出: 長塚圭史
音楽: 宇野誠一郎  阿部海太郎
出演: 松田龍平  山西惇  岡部たかし  村岡希美  土屋佑壱  松岡依都美  
天野はな  紅甘  小日向星一  福田転球  中村まこと  宇梶剛士

2019年3月9日(土) 5:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階C列下手  (上演時間: 3時間30分/休憩 15分)



木造の学校の教室を思わせる舞台装置。
昔、小学校で使われたような木製の椅子が何客がランダムに置かれています。舞台奥一面が木の枠の窓になっていて、緑が生い茂り、明るい陽射しが射しこんでいます。少しトーンを落とした室内との対比が鮮やかです。
やがて、「わたくしたちはホテルのりっぱな料理店へ行かないでも、きれいにすきとおった風をたべることができます。コカコーラの自動販売機なぞなくても、桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます」と「注文の多い料理店」の序文をモチーフにした言葉を役者さんたちが語り継ぎ始めて、一気に「イーハトーボ」の世界へ。

舞台上手と下手にそれぞれ一列に役者さんが並ぶ冒頭は、同じ長塚さん演出の「浮標」を思い出しました。
椅子を役者さんたちが動かして、それが汽車の座席になったり、賢治の妹とし子が入院している病院のベッドになったり、シュッシュッという汽車の走る音を役者さんの声で表現したり、リリカルでファンタジーな雰囲気のこの物語の世界をシャープな目線で切り取ったりと、長塚さんらしいと思える演出が随所に見られるものの、全体的な感触としてはオーソドックスな演出で物語の世界観そのままという印象。
それだけ戯曲のチカラが強いとも思えますし、長塚さんの井上さんへの尊敬も感じます。

ただ、主役の宮沢賢治の印象は二つの演出でかなり違っていて、
鵜山仁さん演出版の井上芳雄さん演じる賢治は、育ちもよく性格も頭もよくて人からも好かれる人物。
そんな彼が自分の理想と思い通りにならない現実との板挟みで苦悩する姿が切なかったという記憶があります。
対して今回、松田龍平さんの賢治は、純粋だけど頑固で思い込みが激しく人からもあまり理解されず、生活力もない人間として描かれています。


続きがあります
posted by スキップ at 22:50| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする