2019年03月05日

45年の軌跡はキセキ 「ベルサイユのばら45」


image1 (2).jpg1974年 宝塚歌劇 月組公演で初演された「ベルサイユのばら」。
その45年の軌跡を辿るスペシャルステージ。
プログラムの上演記録を見ると1974年の月組から2014年の宙組まで16回上演されています(地方公演や別箱公演除く)。
しょっちゅうやっている印象でしたが意外と少ないのね。

それぞれの時代を彩ったスターが日替りで出演しますが、ワタシ的にはまず汀夏子さんありき。
本当はこれに麻実れいさんも加わった「1975年雪組」か「1970年代ALL」を観たかったのですが抽選に外れ、「1974年初演B」というこちらを拝見しました。


ベルサイユのばら45 ~45年の軌跡、そして未来へ~
池田理代子原作「ベルサイユのばら」より

監修: 植田紳爾
構成・演出: 谷 正純
音楽監督: 𠮷田優子
出演: 初風諄  榛名由梨  汀夏子  安奈淳  日向薫  杜けあき  
麻路さき  湖月わたる  彩輝なお  朝海ひかる  貴城けい  緒月遠麻/
汝鳥伶  華形ひかる ほか

2019年2月21日(木) 1:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階16列上手
(上演時間: 2時間30分/休憩 20分)


OGの他に専科から汝鳥伶さんと華形ひかるさんが出演されていましたが、司会進行は汝鳥伶さん。
なぜ選ばれたかというと、「1974年の初演に出ていて、それから何作も出て最多出演。『ベルサイユのばら』の生き字引のような存在」だからだそうです。
初演時の役は民衆の男で、その後、ジャルジェ将軍もブイエ将軍も、ルイ十六世もメルシー伯爵もやりました、ということで、「出世したのね」と初風諄さんにからかわれていました。


ACT 1
「『ベルサイユのばら』はこの方の歌声から始まりました」という汝鳥さんの紹介で
♪青きドナウの岸辺に~ 生まれた一粒のた~ね~
と初風諄さんが歌い始めた時には、現役時代と変わらないのびやかで綺麗な歌声にオドロキ。
さすがに声量や長くのばすところまでは現役時代のままとはいかないものの、45年の時を経てあの美しい歌声はキセキとしか言いようがありません。



続きがあります
posted by スキップ at 22:33| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする